ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 消費生活課(消費生活センター) > 【緊急!】消費者トラブル注意報 第29号(信用しないで!宝くじの当選番号を事前に教えます)

本文

【緊急!】消費者トラブル注意報 第29号(信用しないで!宝くじの当選番号を事前に教えます)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0002100 更新日:2020年8月1日更新

【緊急!】消費者トラブル注意報 第29号

印刷用PDF(PDFファイル:225KB)

信用しないで!

「宝くじの当選番号を事前に教えます」

 消費者に「宝くじの当選番号を事前に教える」という電話やメールがあり、その情報と引き替えに情報提供料を支払うよう求められる相談が寄せられています。

 宝くじ(ロト6)は、抽選直後にインターネット上で当選番号が確認できますが、そのことを知らない人からすれば、事前に当選番号を知り得たように見えることを利用している場合もあります。当選番号を予想することは不可能です。絶対に信用してはいけません。

相談事例

知らない番号から電話があり、「宝くじ(ロト6)の当選番号を教える。本当に当選しているかどうかは翌日の新聞を見てもらえば分かる。1ヶ月間は無料だが、15000円で契約しないか。」と言われた。翌日の新聞を見ると確かに当選した番号だった。しかし私の名前と電話番号を知っており、非常に不審だ。

ある会社名を名乗って「宝くじに興味があるか。必ず当たる番号がある」と電話があった。「自分たちは関係者なので購入できない。限定で情報を活用してくれる人に案内している。IDを取得しておくので、また連絡してくれ。」と言われた。信用できるのか。

消費者へのアドバイス

  • 数字選択式の宝くじ(ロト6等)は、電動の機械を使用し抽選を行っています。事前に当選番号を予想することは不可能です。
  • 電話やメール、手紙等がきても無視しましょう。
  • うまいもうけ話には注意しましょう。支払ったお金を取り戻すことは非常に難しいため、支払う前に相談しましょう。

 おかしいなと思った時は、県・市消費生活センターまたは町村相談窓口に相談を
 熊本県消費生活センター 相談電話 096−383−0999
 (相談受付時間 午前9時から午後5時まで)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)