ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > くらしの安全推進課 > 熊本県食品表示ウォッチャーの活動報告(令和2年度)

本文

熊本県食品表示ウォッチャーの活動報告(令和2年度)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0093225 更新日:2021年4月15日更新

活動報告

熊本県では、スーパー等での食品表示の適正化を図るため、消費者の方々にボランティアで「熊本県食品表示ウォッチャー」として活動していただいています。
食品表示ウォッチャーの方々には、普段の買い物の機会などを通じて、原産地、賞味期限、保存方法等の食品表示の漏れなどを見つけた場合に、県へ連絡をしてもらっています。
令和2年度の食品表示ウォッチャーからの連絡件数は、4でした。

不適切な表示の確認件数

連絡のあった事例のうち、実際に不適切な表示が確認された件数は以下のとおりです。

・食品表示法(品質、衛生) 3件