ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > くらしの安全推進課 > 平成30年度第2回ジュニア食品安全ゼミナールを開催しました

本文

平成30年度第2回ジュニア食品安全ゼミナールを開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006098 更新日:2020年8月1日更新

 熊本県では、第4次熊本県食の安全安心推進計画(平成29年度~平成31年度)において、「若年層への食の安全に関する学習機会の提供」を進めることとしており、その取組みの一環として、中学生を対象とした「ジュニア食品安全ゼミナール」を開催しています。

 今年度の第2回目は、宇城市立豊野中学校の全校生徒を対象に実施しました。

事業概要

  1. 日時:平成30年7月13日(金曜日)14時10分~15時40分
  2. 協力校:宇城市立豊野中学校
  3. 参加者:全校生徒 112名
  4. 主催:熊本県
  5. プログラム
    1. 開会
    2. ジュニア食品安全ゼミナール
      • 食の安全を守るために必要なことについて、スライドを用いて講義
         講師 熊本県くらしの安全推進課職員
      • グループに分かれ、食の安全に関するクイズに挑戦
    3. 講師と生徒との意見交換、質疑応答
    4. アンケートの実施
    5. 閉会

当日の様子

講義1講義2
講義

クイズ1クイズ2
クイズ

参加された生徒さんの感想

  • これから、食品を買う時は食品表示をしっかり見て買いたいと思った。食中毒にも気を付けたい。
  • 手の洗い方は、これから始めようと思います。そして、これからの生活に生かせる内容ばかりだったので、とてもいい勉強になりました。
  • クイズなども入れて、楽しく詳しく教えてくださってわかりやすかった。
  • 今日学んだことを意識しながら食品を選ぼうと思った。