ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > くらしの安全推進課 > 防犯に関する刊行物一覧

本文

防犯に関する刊行物一覧

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006073 更新日:2020年8月1日更新

刊行物の一覧

自主防犯活動マニュアル

自主防犯活動マニュアル表紙
~自主防犯活動は、無理なく!気長に!危険なく!をモットーに~

 自主防犯活動の目的、基本的な考え方、立ち上げ方、必需品、具体的方法、着眼点、注意事項を分かりやすくまとめています。パトロールに持ち歩きやすい手帳サイズです。

 また、不審な人や車を見かけたとき、特徴を素早くメモするのに役立つシートが入っています。シートは切り離せるようになっていますので、警察への情報提供に活用していただけます。

高齢者向け防犯ハンドブック

高齢者向け防犯ハンドブック表紙
~今、高齢者が狙われている!高齢者を

 狙う犯罪とその対策~

 県では、お年寄りが犯罪被害に遭うことを防ぎ、犯罪の起きにくい安全で安心なまちづくりを進めるため、防犯ハンドブックを作成しました。

 このハンドブックは、お年寄りが遭遇しやすい犯罪を想定して、その対策を考える上で参考にしていただくために作成したものです。

 防犯の面からご自身の生活を見直すきっかけにしていただくと同時に、離れて暮らすご家族を持つ方々にも、安全対策を考える手がかりにしていただければ幸いです。

地域安全マップを作りましょう!

地域安全マップを作りましょう! (PDFファイル:5.59MB)

地域安全マップ作製マニュアル表紙画像
~子どもと地域を犯罪から守るために~

「地域安全マップ」の作成手順を解説したリーフレットです。

地域安全マップとは、子どもたち自身が通学路などを歩き、犯罪が起きやすい危険な場所を自分たちで地図にまとめるものです。地域に潜む危険性を発見するという「気づき」の過程を重視するもので、子ども自身の危険回避能力の育成と地域の防犯環境の改善に有効です。

  • 危険な場所=入りやすい+見えにくい場所
  • 安全な場所=入りにくい+見えやすい場所

防犯カメラに関する運用指針

運用指針表紙
~プライバシーに配慮した防犯カメラの運用に向けて~
 県では、平成17年7月に施行された「犯罪の起きにくい安全安心まちづくり条例」に基づき、県民の皆さんの防犯意識の高揚や地域での自主的な防犯活動への支援、防犯に配慮した施設の普及などの取組みを推進しています。
 こうした中、県内でも商業施設や金融機関、駐車場等の防犯対策の一環として防犯カメラが自主的に設置され、普及が進んでいるところです。その一方で、防犯カメラによるプライバシー侵害を懸念する声もあり、不特定多数の方が利用する施設等に防犯カメラを設置する場合に、個人のプライバシー保護に配慮したカメラの運用を図っていただくための指針を作成しました。

※組織改編により、作成時(平成19年)から課名が変わっています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)