ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 知事公室 > 知事公室 > 6月20日(木曜日)「地域気象データ活用」×「緑の流域治水」のシンポジウムが開催されます!

本文

6月20日(木曜日)「地域気象データ活用」×「緑の流域治水」のシンポジウムが開催されます!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0205670 更新日:2024年5月21日更新
ロゴおよび申込QRコード

 

 熊本県では、東京大学先端科学技術研究センターとの連携協定の下、「地域気象データ先端学術による戦略的社会共創拠点~(ClimCORE)」に参画しています。
今回、ClimCORE主催で、気候変動がもたらす極端な異常気象の中で熊本県での豪雨に注目したシンポジウムが熊本で開催されます。令和2年7月豪雨で甚大な被害を受けた球磨川の復興・発展に取り組む熊本県立大学の「緑の流域治水プロジェクト」とともに、地域気象データの活用や河川工学、流域治水といった点から議論します。
 午前には、現地参加者を対象に熊本県の新しい防災センターの見学会を予定しています。この機会にぜひ熊本にお越しのうえ、本シンポジウムにご参加ください。

 

豪雨から学ぶ気候変動時代の「地域気象データ活用」と「緑の流域治水」

<開催概要>

□ 開催日:6月20日(木)13時00分~17時00分
□ 開催場所:熊本県庁地下大会議室 +ZOOM Webinar 
□ 募集人数:現地参加150名/オンライン200名
□ 主催:東京大学先端科学技術研究センター
     地域気象データと先端学術による戦略的社会共創拠点(ClimCORE)
□ 共催:熊本県立大学 地域共創拠点運営機構
     「流域治水を核とした復興を起点とする持続社会」地域共創拠点
□ 後援:熊本県

<見学会>

11:00~12:00 熊本県新防災センター見学会
(現地参加者対象・要事前申し込み)

<スケジュール>

13:00~13:05 開会挨拶 
東京大学理事・副学長 津田 敦(東京大学COI-NEXT拠点運営機構 設置責任者)

13:05~13:35 【講演1】線状降水帯による災害の防止・軽減に向けて
(一財)気象業務支援センター 調査役 (元気象庁長官) 長谷川 直之       

13:35~14:05 【講演2】 ClimCOREプロジェクトの目指すもの
ClimCORE プロジェクトリーダー/東京大学先端科学技術研究センター 教授 中村 尚

14:05~14:40 【講演3】ClimCORE×熊本県の連携
熊本大学大学院先端科学研究部 准教授 冨田 智彦
東京大学先端科学技術研究センター 特任講師 大津山 堅介
東京大学先端科学技術研究センター 特任助教 松清 あゆみ
熊本県知事公室危機管理防災課 災害対策班長 和田 大志

~休憩~

14:50~15:40 【講演4】緑の流域治水の実現に向けた取組み
「流域治水を核とした復興を起点とする持続社会」地域共創拠点 プロジェクトリーダー/熊本県立大学 特別教授 島谷 幸宏
熊本大学大学院先端科学研究部土木建築学研究部門 教授 皆川 朋子
九州大学大学院工学研究院附属アジア防災研究センター 准教授 佐藤 辰郎

~休憩~

15:55~16:45 パネルディスカッション
中村PL、島谷PL、長谷川調査役、他
[進行]ClimCORE 副プロジェクトリーダー/東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授 飯田 誠

16:45~16:55 総括およびご挨拶
共創の場形成支援プログラム プログラムオフィサー 財満 鎭明

16:55~17:00 閉会挨拶

<参加申込み>

以下のURLからお申込みください。

シンポジウムリーフレット

シンポジウムチラシ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)