ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境立県推進課 > 【環境】地下水使用合理化・地下水涵養の手続きについて(熊本県地下水保全条例)

本文

【環境】地下水使用合理化・地下水涵養の手続きについて(熊本県地下水保全条例)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0005551 更新日:2021年7月30日更新

手続の説明

【内容】
 平成24年10月1日から全面施行された改正熊本県地下水保全条例に基づき、地下水保全の観点から、地下水採取の許可対象者に、地下水の合理的な使用及び地下水の涵養対策を求める制度です。

【お知らせ(令和3年7月30日)】
 熊本県地下水保全条例施行規則の一部改正により、許可申請書等への押印が不要となりました。
 (押印廃止以外の改正はありません。)

手続の概要

4 地下水の合理的な使用(節水等)及び地下水の涵養について】

地下水採取の許可申請を行う際には、併せて「地下水使用合理化計画書」及び「地下水涵養計画書」の提出が必要となります。

地下水使用合理化及び地下水涵養について 提出を要する書類

(1)地下水採取の許可申請を行う際に併せて提出するもの

(2)許可採取者が地下水採取量報告を行う際に併せて提出するもの

地下水の合理的な使用(節水等)及び地下水の涵養について

提出書類

  1. 用紙の色
     白紙
  2. 用紙のサイズ
     A4縦
  3. 提出部数
     正本1部、写し1通
  4. 提出先
     重点地域及び指定地域:井戸が所在する市役所又は町村役場
     その他地域:管轄の保健所

根拠規程

地下水使用合理化及び地下水涵養計画書等作成支援ツールについて

この支援ツールでは、エクセルファイルの画面に沿って入力することで、地下水使用合理化及び地下水涵養に係る各計画書及び各報告書が作成、印刷できます。
方策の内容によっては、合理化量又は涵養量を自動計算できます。
計画書を入力すると、方策の内容に変更がなければ、計画書の内容を引用して報告書を作成することができます。
 ※当支援ツールは、「水の国くまもと」ホームページからダウンロードしてください。
 ※「地下水涵養計画書等作成支援ツール」は、ファイルの容量が大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
地下水使用合理化及び地下水涵養計画書等作成支援ツール(「水の国くまもと」ホームページ)<外部リンク>

県内保健所連絡先

有明保健所 (衛生環境課) Tel 0968−72−2184
八代保健所 (衛生環境課) Tel 0965−32−6121
人吉保健所 (衛生環境課) Tel 0966−22−3108
水俣保健所 (衛生環境課) Tel 0966−63−4104
山鹿保健所 (衛生環境課) Tel 0968−44−4121
菊池保健所 (衛生環境課) Tel 0968−25−4135
阿蘇保健所 (衛生環境課) Tel 0967−24−9030
御船保健所 (衛生環境課) Tel 096−282−0016
宇城保健所 (衛生環境課) Tel 0964−32−1148
天草保健所 (衛生環境課) Tel 0969−23−0172

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)