ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境立県推進課 > 熊本県ノーマイカー通勤デー・パレードについて(毎月第3水曜日は県下一斉ノーマイカー通勤デー!)

本文

熊本県ノーマイカー通勤デー・パレードについて(毎月第3水曜日は県下一斉ノーマイカー通勤デー!)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0005535 更新日:2020年8月1日更新

 県内の温室効果ガス排出量のうち、約2割を占める運輸部門からの排出抑制のため、「ストップ温暖化県民総ぐるみ運動」における県内統一行動の一つとして、毎月第3水曜日を県下一斉ノーマイカー通勤デーとして呼びかけを行っています。
   その一環として毎年「アースウィーク※1」の期間中、熊本県ノーマイカー通勤デー・パレードを「熊本県ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議」※2とアースウィークくまもと実行委員会の共催で実施しています。
   今年も4月18日(水曜日)午前7時30分から事業者や行政、環境団体等約200人の方に参加いただき、熊本市中央区の白川公園から熊本市役所までの約1.1kmをのぼりやプラカードを持ってノーマイカー通勤を呼びかけながら、パレードを行いました。
 また、パレード終了後、公共交通の主力である路線バス等に「排気ガスゼロ」、「CO2排出が少ない」、「低燃費」のEVバス(電気バス)を普及させるため、熊本市内を中心に運行実証試験実施中のEVバス「よかエコバス」にて、勤務先に帰られる参加者の方をくまモンとロアッソくんがお見送りしました。
 ※1 アースウィークとは
 多くの人に環境保全活動に参加してもらうため、アースデイ(1970年4月22日にアメリカから始まった地球環境保全のために行動する日)を中心に実施される環境活動週間。本県のアースウィークは今年で29年目を迎え、全国でも類のない息の長い活動として実績を重ねている。(実行委員長:熊本学園大学 坂本正シニア客員教授、副実行委員長:NPO法人くまもと未来ネット 原育美副理事)
 ※2 ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議とは
 県民や事業者、環境活動団体、行政等が有機的に連携し、具体的な温室効果ガスの排出削減に向けた各主体間の合意形成と新たな取組の協議・調整を図るための組織。(会長:熊本県知事、副会長:熊本学園大学 坂本正シニア客員教授)

白川公園での出発式の様子

白川公園での出発式の様子の画像1
​※参加者の方と記念撮影。当日は、くまモンとロアッソくんも駆け付けてくれました

白川公園での出発式の様子の画像2
※パレードの前に、みんなでくまモン体操で準備運動

パレードの様子

パレードの様子の画像1
​※歩道僑の上から通勤中の自動車にノーマイカー通勤を訴えました

パレードの様子の画像2
​※参加者は、ノーマイカー通勤を訴えるのぼりやプラカードを持ってパレード

パレードの様子の画像3
※当日は、自転車の安全な利用についても訴えました

パレードの様子の画像4パレードの様子の画像5
※EVバス「よかエコバス」の前でお見送り中