ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境立県推進課 > 県庁グリーンカーテン日記 ~2017~

本文

県庁グリーンカーテン日記 ~2017~

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0005526 更新日:2020年8月1日更新

 県では、平成22年度から省エネ・温暖化対策の1つとして、県施設におけるグリーンカーテンづくりに取り組んでいます。 グリーンカーテンとは、ゴーヤーなどのツル性の植物を、窓の外や壁面に張った網などに這わせ、カーテンのように覆ったものです。このカーテンには、陽ざしをさえぎる効果や、植物から蒸散される水分による冷却効果があり、比較的安価に、誰もが取り組みやすい、省エネ・温暖化対策の1つです。

 このページでは「くまもとらしいエコライフ」推進の一環として、県庁舎に設置したグリーンカーテン(ゴーヤー)の成長をお伝えします。

 ※くまもとらしいエコライフ
 くまもとの県民性を生かしながら、くまもとの気候や風土、習慣に合わせて、県民それぞれが続けられるスタイルを選び、生活に取り入れ、県民総ぐるみで環境を大切にくらすことです。

ゴーヤーの苗と網について

このグリーンカーテンに使用している、苗、網については、以下の方々から提供していただきました。
苗:菊陽グリーンカーテン推進協議会
網:熊本県漁業協同組合連合会 (網は不要になったノリ養殖用の網を使用)

参考

 ※応急仮設住宅への設置はこちら

ゴーヤーのアクセサリー??

ゴーヤーの苗を提供していただいた菊陽グリーンカーテン推進協議会の柴藤さんに、ゴーヤーから作ったアクセサリーを見せてもらいました。正確に言いますと、ゴーヤーの「種」で作ったアクセサリーです。一味違ったゴーヤーの楽しみ方、皆さんもいかがですか?
ゴーヤーアクセサリー
写真上がネックレス、下の2つがブローチです。

追肥 (平成29年8月14日)

前回の施肥から約2週間経ちましたので、追肥を行いました。化成肥料の袋に書いてある適量をおおよそで撒いています。

適度な追肥により、グリーンカーテンが長く楽しめるそうです。

追肥1追肥2

収穫!! (平成29年8月4日)

水前寺保育園の園児の皆さんに植えてもらってから約2か月。とうとうこの日、ゴーヤーを収穫しました!

ゴーヤーが傷つかないよう、落ちてくるゴーヤーをブルーシートで受けました。

台風が近づいていたので、少し小さめの物も収穫しています。最終的に段ボールに山盛りいっぱいになりました。

収穫したゴーヤーは、県庁本館1Fのロビーで無料で配布しました。

今後も不定期ですが、収穫できた際には配布していますので、お立ち寄りの際はご確認ください。

収穫1収穫2

実がなりました!! (平成29年7月28日)

実が付きました!大きいものは既に10cmを超えています。収穫はもうすぐのようです!全体的にも実が成り始めたため、ゴーヤー栽培で大切な「追肥」を行いました。使ったのは即効性の高い化成肥料です。今後は2週間に1度のペースで追肥を行い、沢山の実が付くのを期待します。

実1
1番大きなゴーヤーの美。約12cm。

実3
葉も程よく茂ってきました。​

実2
丸く可愛い形のゴーヤーです。

台風の後 (平成29年7月21日)

台風3号から2週間。新たに出た蔓が元気に伸びています。蔓が増え、その分葉が増えたため、隙間の少ないカーテンになってきました。

台風後1
どんどん成長し、早い株は高さ3mを超えました。​

台風後2
内側からの写真。葉が生い茂り、良いカーテンになっています。

台風3号 (平成29年7月4日)

台風3号の激しい風でネットが揺れ、ゴーヤの茎が折れたり、葉が傷んだりと、かなりのダメージを負いました。

特に、蔓の先の柔らかい部分が、軒並み折れてしまいました。

また、子蔓、孫蔓が出てくるのを祈ります。がんばれゴーヤー達!!

台風の影響1
​台風通過後。葉が傷み、元気がありません。

台風の影響2
​風に揺さぶられ傷んだ葉の様子。

台風の影響3
茎の先端は柔らかいため、軒並み折れてしまいました。

折れた根本の処置

植えつけた直後に、根本が折れ曲がっている苗がありました。

風に揺られると、折れた部分が更に曲がってしまい、このままでは枯れてしまうかもしれません。

切れ込みを入れたストローをギブス代わりに装着してみました。結果はまた後日。

折れた茎
根本から折れ曲がった苗。​

ストロー装着
ストローに切りこみを入れ、ギブス代わりに装着しました。

摘芯、その後 (平成29年6月20日)

恐る恐る行った摘芯から5日後。ゴーヤーから子ヅルが伸びているのが確認できました!

既に蔓を伸ばし、網に絡みついている物も沢山ありました。ゴーヤーの生命力は本当に凄いですね。

摘芯後
​根元の近くから子ヅルが生えていました。

雄花
​2株ほど花(雄花)が咲いていました。

摘芯しました。 (平成29年6月15日)

植え付けから1週間。くまモンと水前寺保育園の園児さん達の想いが届いたのか、県庁のゴーヤー達はすくすくと成長しています!

ある程度育ってきたところで、親ヅルを摘芯することとしました。

摘芯することにより、新たに子ヅルが複数伸び、それがどんどん成長していき、隙間のないグリーンカーテンに仕上がるようです。

また、親ヅルには雌花がほどんど咲かないとのことで、ゴーヤーの収穫を増やしたい場合も有効なようです。

これまで順調に育ってきたゴーヤーにハサミを入れるのは心が痛みますが、親ヅルの先端をカット。子ヅルが出で来るのを見守ります。

全体
​プランターは全部で10基。梅雨入りしましたが雨が少なく、朝晩水やりをしています。

ゴーヤのツル
​ツルを伸ばし、網に絡みつき、上へ上へと成長しています。

摘芯作業
​心を鬼にして、親ヅルの先をカット。元気な子ヅルが出てきてくれるはずです。

植え付け (平成29年6月7日)

この日、ゴーヤーの植え付けを行いました。

ゲストは、くまモンと水前寺保育園の年長組みの皆さん。くまモン体操で苗にパワーを送ってもらいました。

くまモンにもお手伝いしてもらい、計50本のゴーヤーの苗を皆で植え付け。くまモンや園児の皆さんのように、元気に育ってくれると思います!

柴藤さん説明
​菊陽グリーンカーテン推進協議会の柴藤さんから、ゴーヤーの説明を受ける園児の皆さん。

園児1
​くまモン登場で、テンションMAX!!

くまモン体操
​くまモン体操で、苗にパワーを送ります!!

菊陽グリーンカーテン推進協議会から頂いた元気な苗。の画像
​菊陽グリーンカーテン推進協議会から頂いた元気な苗。

くまモンと園児の皆さんで植え付けました。の画像
​くまモンと園児の皆さんで植え付けました。

​今後、元気に育ってくれると思います。の画像
​今後、元気に育ってくれると思います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)