ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 薬務衛生課 > 熊本県知事の登録に係る向精神薬試験研究施設における向精神薬の製造量等の報告書について

本文

熊本県知事の登録に係る向精神薬試験研究施設における向精神薬の製造量等の報告書について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050142 更新日:2020年10月1日更新

 向精神薬試験研究施設設置者は、麻薬及び向精神薬取締法第50条の24第2項の規定により、毎年2月末日までに都道府県知事に次に掲げる事項を届け出なければなりません。

  1. 前年中に輸入し又は輸出した向精神薬の品名、数量及び相手国の名称
  2. 前年中に製造した向精神薬の品名及び数量

 届出の様式を以下に掲載しますので、ご活用ください。
 熊本県知事の登録に係る向精神薬試験研究施設における向精神薬の製造量等の報告書(Excelファイル:53KB)

[記入上の注意]

  1. 第1種向精神薬についてはg単位、第2種及び第3種向精神薬についてはkg単位で記入すること。
  2. 第1種向精神薬が0.05g未満、第2種及び第3種向精神薬が0.05kg未満の場合は、「微量」と記入すること。
  3. 取扱い品目以外の部分は斜線等で消し、書き込みができない状態とすること。
  4. 前年中に製造等を行っていない場合でも、その旨を記入のうえ、提出すること。