ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 知事公室 > 危機管理防災課 > 令和2年7月豪雨に伴うボランティア活動のために使用する車両の取扱いについて

本文

令和2年7月豪雨に伴うボランティア活動のために使用する車両の取扱いについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051501 更新日:2020年10月1日更新

【熊本県】における令和2年7月豪雨に伴うボランティア活動のために使用する車両の取扱いについて

 令和2年7月豪雨に伴う県内の被災地支援等を目的とする車両に対して、有料道路の通行料金の無料措置が講じられます。災害ボランティア車両につきましては、手続きが簡素化され、各道路会社のホームページから「ボランティア車両証明書」をダウンロードすることで対応できますので、ご利用ください。
(西日本高速道路株式会社ホームページ)災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について<外部リンク>

※令和3年7月1日より災害ボランティア車両証明書の発行方法が変更となりますので、詳しくは西日本高速道路株式会社ホームページを御確認ください。

(熊本県道路公社ホームページ)熊本県道路公社ホームページ<外部リンク>

期間

 令和4年(2022年)1月31日(月曜日)まで

対象車両

 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請又は受け入れ承諾したものに使用する車両

 災害ボランティアセンターの設置状況について
 (熊本県社会福祉協議会)災害・生活復興支援ボランティア情報<外部リンク>

 ボランティアの受入れについては、八代市、人吉市、球磨村の災害ボランティアセンター若しくは熊本県災害ボランティアセンター(096-324-5436)にお問い合わせください。市町村によっては、県内他市町村のボランティアをお断りしている場合や、事前登録が必要な場合もありますので、必ず事前に御確認ください。

有料道路料金の無料措置が講じられる路線

以下の道路管理会社が管理する道路

  • 西日本高速道路株式会社(熊本県内の区間及び福岡県、宮崎県内であって熊本県と隣接した地域の区間)
  • 熊本県道路公社

 インターネットが使用できず必要な様式をダウンロードできない方

  • 災害派遣等従事車両証明書発行の手続きが必要となりますので、県庁もしくは市町村へお尋ねください。