ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉・子育て > 健康づくり、感染症・疾病対策 > 遠隔手話通訳サービスの実施について

本文

遠隔手話通訳サービスの実施について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0057047 更新日:2020年11月10日更新

遠隔手話通訳サービスの実施について

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、対面による手話通訳が困難となる状況があることから、一般財団法人熊本県ろう者福祉協会において、令和2年(2020年)9月1日より、「遠隔手話通訳サービス(※)」が実施されています。
 (※)遠隔手話通訳サービスとは、タブレット端末等のテレビ電話機能を活用して、遠隔地にいる手話通訳者が画面越しに手話通訳を行い、聴覚障がい者と健聴者の意思疎通を支援するサービスです。

(1)利用時間

 平日の午前9時~午後5時まで
 ※時間外の利用については事前に御相談ください。

(2)利用料

 無料
 ※ただし、個人所有のタブレット端末等を利用する場合は、通信料は利用者負担となります。

(3)利用上の注意点

 遠隔手話通訳サービスを利用するためには、事前登録が必要です(詳細は下記申込み先まで)。

(4)問合せ・申込み先

 一般財団法人熊本県ろう者福祉協会(熊本聴覚障害者総合福祉センター)
 電話番号:096‐383-5587 ファックス番号:096-384-5937

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)