ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 子ども家庭福祉課 > 熊本県内における子ども食堂等の取組みについて

本文

熊本県内における子ども食堂等の取組みについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050874 更新日:2020年10月1日更新

 全国的に拡がっている子ども食堂等の取組みは、子どもや地域住民に居場所を提供する取組み等として、開設者の創意工夫により様々な形で運営されています。
 この度、県内における開設状況等について市町村を通じた調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。
 詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

子供食堂等一覧(R3.1月末時点) (PDFファイル:320KB)

 ※ 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くのこども食堂・地域食堂が運営を休止若しくは開催形態を変更して活動されております。
 ご利用を希望される場合は、事前に各子ども食堂・地域食堂にお問い合わせをお願いします。

2020年子ども食堂アンケート結果について(第一報)

 子どもから地域に拡がれネットワーク(TSUDOU・NET)と熊本県が2020年2月に県下の子ども食堂を対象に実施したアンケート結果については以下をご覧ください。

熊本県子ども食堂アンケート結果について(第一報)(PDFファイル:1.06MB)

子ども食堂等への活動支援について

 子ども食堂等の運営に当たりご活用いただける支援事業等について以下のとおりご案内します。

子ども食堂緊急活動支援事業【県事業】

 子どもたちが安全・安心に子ども食堂を利用できる環境整備を図るため、県内の子ども食堂に対して新型コロナウイルス感染予防に必要となる衛生対策等の経費を助成します。
 詳しくは以下のリンク先をご覧ください。
 子ども食堂緊急活動支援事業

子ども食堂等に対する政府備蓄米の無償交付について【国事業】

 子ども食堂等が食育の一環として、子どもたちにご飯食を提供する取り組みに対して、政府備蓄米が無償で交付されます。

事業内容

〔子ども食堂等〕

  • ごはん食を提供する子ども食堂等(食事提供団体)の取組に交付。
  • 前年度より米の使用料の増加が見込まれる場合。
  • 一子ども食堂等に当たり年間60kgを上限に交付。

〔子ども宅食〕

  • 食材提供を希望する子育て家庭に、直接、政府備蓄米と他の食材を併せて配付頂ける団体(食材提供団体)に交付。
  • ごはん食の魅力が伝わるチラシやレシピなどを活用し、子育て家庭に対して、ごはん食の魅力を伝えるなどの食育の取組を行うことが条件。
  • 食材提供団体ごとに、300kgを上限に交付。
  • 交付対象者は、「都道府県や市区町村等と連携し、子育て家庭の情報を基に活動している団体」又は「公的支援を受けている団体」及び「子育て家庭に直接、食事又は食材の提供を行っている団体」。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。
 学校給食用等政府備蓄米交付について【農林水産省HP】<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)