ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 認知症対策・地域ケア推進課 > 【認知機能編】 くまもと笑顔でよかよか体操を紹介します ~生活不活発病を予防しましょう~

本文

【認知機能編】 くまもと笑顔でよかよか体操を紹介します ~生活不活発病を予防しましょう~

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0079587 更新日:2020年12月28日更新

【 認知機能編 】 くまもと笑顔でよかよか体操を紹介します

 

 生活不活発病とは、動かない状態(生活が不活発な状態)が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなること」をいいます。心身の機能が低下すると、転んだりしてしまう恐れや食欲低下などが進んでしまうこともあります。

 そこで、熊本県では、自宅でも手軽に取り組める「くまもと笑顔でよかよか体操」を専門職の皆さんと一緒に制作しました。この体操は、筋力の低下を防ぐ体操、脳を活性化させる体操、噛む力や飲み込む力をつける体操の3つの体操で構成されています。 

 令和2年(2020年)8月から約3か月間、「くまもと笑顔でよかよか体操」を紹介するテレビ番組を放送しました。放送内容の動画を掲載していますので、是非、ご活用ください。

 なお、体操DVDは令和3年(2021年)2月上旬完成予定です。

【 認知機能編 1話~8話】