ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 認知症対策・地域ケア推進課 > 認知症サポーター

本文

認知症サポーター

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050303 更新日:2020年4月9日更新

認知症サポーターとは?

 「認知症サポーター養成講座」を受けることで、認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者のことです。
 友人や家族にその知識を伝えたり、隣人あるいは商店・交通機関などで、できる範囲の手助けをするなど、活動内容は人それぞれで、ブレスレットの形をした「オレンジリング」が認知症サポーターの「目印」となっています。

県内の認知症サポーター養成状況

 県では平成18年度(2006年度)から認知症サポーターの養成に取り組んでおり、各市町村の協力もあって、平成21年度(2009年度)から11年連続で認知症サポーター養成率日本一を達成しています。【令和2年(2020年)3月末現在も継続中です!】

認知症サポーター数の推移(R2.3末時点)(PDFファイル:299KB)

認知症サポーター養成講座について

 「認知症サポーター養成講座」は地域の団体やグループ単位で気軽に開催することができます。
 詳しくは各市町村の高齢福祉関係課、または地域包括支援センター(熊本市はささえりあ)までお問い合わせください。

外部リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)