ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 高齢者支援課 > 看護師等の資格を有する者及び実務者研修修了者の受講免除の手続きについて

本文

看護師等の資格を有する者及び実務者研修修了者の受講免除の手続きについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0003164 更新日:2020年8月1日更新

 「助産師」、「保健師」、「看護師」、「准看護師」の資格を有している方や「実務者研修」を修了した方で、訪問介護事業所に従事している又は従事することが内定している方については、介護員養成研修の「介護職員初任者研修課程」の受講が免除されます。
 修了証明書の交付が必要な方は、訪問介護事業者(事業主)をとおして、申請の手続きを行ってください。

1 看護師等の資格を有する方

 「助産師」、「保健師」、「看護師」、「准看護師」の資格を有している方(以下「看護師等」という。)は、雇用されている(内定を含む。以下同じ。)訪問介護事業所において、職場研修を受講することで、科目免除となります。

1 職場研修について

 次の要件を満たす研修を、雇用されている訪問介護事業所において受講してください。

  • 研修講師は、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員等の資格を有する者とする。
  • 研修のカリキュラムは別表1に定める科目、時間数以上の内容とする。
  • 研修テキストは、介護職員初任者研修課程用のテキストとする。
別表1) 職場研修の科目と時間数
科目 時間数
介護における尊厳の保持・自立支援

4時間

介護の基本

3時間

介護・福祉サービスの理解と医療との連携

4時間

2 手続きについて

(1)研修実施計画

 事業主は、職場研修を行う14日前までに、当該職場研修計画の内容等を、以下の書類により県に届け出てください。

 ア 職場研修実施計画について(別紙様式1の1)(Wordファイル:25KB)

 イ 職場研修実施計画書(別紙様式1の2)(Wordファイル:35KB)

 ウ 研修講師履歴(別紙様式1の3)(Wordファイル:42KB)及び資格証明書の写し

 エ 受講者の看護師等の資格証明書の写し

 オ 受講者の訪問介護員としての雇用を証明する書類の写し(雇用契約書、異動辞令書、又は兼務辞令書の写しであって、受講者本人の記名押印及び事業主による原本証明がされていること。)

(2)研修実績報告

 職場研修を実施した事業主は、職場研修終了後速やかに、当該職場研修の実施内容等について、以下の書類により県に届け出てください。

 カ 職場研修実績報告について(別紙様式2の1)(Wordファイル:27KB)

 キ 職場研修実績報告書(別紙様式2の2)(Wordファイル:37KB)

(3)交付申請

 職場研修を受講した看護師等は、職場研修終了後速やかに、以下の書類により修了証明書の交付申請を行ってください。なお、交付申請に係る書類は(2)の実績報告とともに事業主が県に提出してください。

 ク 介護員養成研修修了証明書交付申請書(別紙様式4の1)(Wordファイル:28KB)

 ケ 研修レポート(各科目のまとめ及び研修を受けての感想等をレポート用紙4枚程度でまとめてください。)

2 実務者研修を修了した方

 実務者研修を修了した方(以下「実務者研修修了者」は、実務者研修の修了証明書の交付を受けていることをもって、科目免除となります。

手続きについて

(1)交付申請

 実務者研修修了者は、以下のイからエの書類により修了証明書の交付申請を行ってください。なお、交付申請に係る書類は、事業主がアによりとりまとめのうえ、県に提出してください。

 ア 修了証明書の交付申請について(別紙様式3)(Wordファイル:32KB)

 イ 介護員養成研修修了証明書交付申請書(別紙様式4の2)(Wordファイル:29KB)

 ウ 実務者研修の修了証明書の写し(事業主による原本証明がされていること。)

 エ 実務者研修修了者の訪問介護員としての雇用を証明する書類の写し(雇用契約書、異動辞令書、又は兼務辞令書の写しであって、実務者研修修了者本人の記名押印及び事業主による原本証明がされていること。)

3 提出先

 熊本県健康福祉部長寿社会局高齢者支援課 介護サービス班 (Tel:096−333−2219)
 〒862−8570 熊本市中央区水前寺6丁目18−1