ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > マスク会食のお願い

本文

マスク会食のお願い

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0099507 更新日:2021年6月10日更新

「マスク会食」とは

「マスク会食」とは、食事中は、飲食する時だけマスクを外し、会話の際にはマスクを着用するという、感染リスクを下げながら会食を行うことです。

 

 マスク会食

 

会食時に注意してほしいこと

飲酒を伴う懇親会や大人数での飲食、長時間におよぶ飲食等は、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高まる場面に該当しますが、様々な工夫と一人一人の心がけで、感染リスクを下げることは可能です。

県では、「会食時の感染リスクを下げる4つのステップ」を実践していただくようお願いしています。

 

 

※内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室においては、「マスク会食」のマナーとして、以下のことが挙げられています。

  • 少人数・短時間で。
  • なるべく普段一緒にいる人と。
  • 深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。(正面や真横はなるべく避ける)
  • 食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスク着用。

 

飲食OFFで会話ON!「マスク会食」のエチケット(内閣官房資料) (PDFファイル:3.53MB)

「マスク会食」で守ってほしいこと(内閣官房資料) (PDFファイル:1.63MB)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)