ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 【4月6日】臨時記者会見

本文

【4月6日】臨時記者会見

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051378 更新日:2020年10月1日更新

知事コメント

 本日夕方の安部首相の緊急事態宣言に関する会見を、重く受け止めています。
 熊本県の感染状況は、現在のところ「感染確認地域」であり、直ちに緊急事態宣言の対象地域となる状況ではありません。ただ一方で、熊本市域では、感染が拡大しているという厳しい状況にあります。
 そのような中、県では、これまで、県民の皆様の生命と健康を第一に考え、感染拡大防止に向け、全力で取り組んで参りました。具体的には、「3つの密」を避けるとともに、不要不急の外出や、市街地等の人込みへの外出をさけていただくよう要請して参りました。
 今回、緊急事態宣言の区域に諮問される7都府県が示されました。これを踏まえ、県民の皆様におかれましては、特に、これらの地域への不要不急の訪問は控えていただきますようお願いします。
 県民の皆様には、自らと周りの人を守り、ひいては社会を守る行動が、これまで以上に求められます。さらに皆様には御負担をおかけすることになりますが、引き続き、御理解、御協力いただきますようお願いいたします。
 また、本県においても、今回の緊急事態宣言を、自らの問題として捉え、引き続き、感染拡大防止に全力で取り組むとともに、一日も早く医療提供体制が構築できるよう、取り組んで参ります。
 なお、併せて発表があった緊急経済対策については、内容を精査のうえ、県としての対応を早急に検討し、改めて県民の皆様にお示ししたいと思います。
私からは以上です。