ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 療養証明書の代替書類について【9月26日から適用】

本文

療養証明書の代替書類について【9月26日から適用】

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0150395 更新日:2022年9月26日更新

全数把握の見直しに伴う療養証明書の取り扱いについて

 本県では、厚生労働省の「Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて」(令和4年9月12日付け(令和4年9月22日最終改正)厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 事務連絡)に基づき、9月26日以降、発生届の対象となる方を、「65歳以上の方」「入院を要する方」「重症化リスクがあり、コロナ治療薬・酸素投与が必要な方」「妊娠されている方」としております。
 発生届の対象外となられた方は、療養証明書の発行は行っておりませんので、御了承ください。

 また、これまで実施していた、熊本県療養支援センターでの療養証明書の発行は診断日が9月25日までの方が対象となります。

 ※参考:厚生労働省_事務連絡
(0922改訂)Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて (PDFファイル:900KB)

 

療養証明書の代替書類の活用について

 療養証明書以外に新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる代替書類として利用可能性のある書類例は以下のとおりです。

・My HER-SYSの証明書
・医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果が分かるもの
・診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
・コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書
・自治体が設置している健康フォローアップセンターの受付結果(SMS・LINE等)
・保健所と陽性者がやりとりしたメールの写し
・保健所から陽性者に出された案内文(健康観察や生活支援の留意点などが記載)
・PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など

 既にお持ちの書類で入院給付金の請求ができる場合もありますので、まずは加入している保険会社等へご相談ください。

 参考:一般社団法人生命保険協会サイトリンク<外部リンク>

 

 

​My HER-SYSによる療養証明書の発行について

 My HER-SYSではデジタル療養証明書を発行(表示)することができます。なお、My HER-SYSを用いたデジタル療養証明書は、厚生労働省、金融庁、生命保険協会及び日本損害保険協会との間で協議済みです。
詳しくは厚生労働省事務連絡「宿泊療養又は自宅療養を証明する書類について」 (PDFファイル:383KB)をご確認ください。

 

 

 

My HER-SYSの登録

 発生届の対象となる方で、My-HER-SYSの登録を希望される方は熊本県療養支援センター(050-3385-9106)へお尋ねください。管轄保健所からSMSが届きます。SMSの内容は、My-HER-SYSログインサイトのURLとHER-SYS IDが記載されています。

 1台のスマートフォンで家族登録が可能です。 ※人数分のHER-SYS IDは必要となります。
登録方法および家族登録につきましては、HER-SYSご利用ガイドをご覧ください。 HER-SYSご利用ガイド<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)