ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > マスクの着用について

本文

マスクの着用について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0137944 更新日:2022年6月21日更新

マスクの着用について

マスク着用の考え方

令和4年5月に、国においてマスク着用の考え方が示され、「マスク着用を推奨する場面」および「マスク着用を必要としない場面」が示されました。
基本的な感染防止対策として、マスク着用はこれまでと同じく重要ですが、状況に応じてご対応をお願いします。

マスク着用の考え方

マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて(厚生労働省作成) (PDFファイル:135KB)

 

屋外・屋内のマスク着用について(画像) 子どものマスク着用について(画像)

屋外・屋内のマスク着用について(厚生労働省作成) (PDFファイル:332KB)
子どものマスク着用について(厚生労働省作成) (PDFファイル:160KB) 

 

熱中症に注意しましょう

これから気温が高くなると、熱中症になるリスクが高くなります。
そのため、屋外の「着用の必要がない場面」では、マスクを外すようにしましょう。

熱中症予防×コロナ感染防止画像1 熱中症予防×コロナ感染防止画像2

熱中症予防リーフレット(環境省・厚生労働省作成) (PDFファイル:561KB)

 

マスク着用ができない方への配慮

発達障がい、感覚過敏、皮膚の病気及び呼吸器の病気等の様々な原因で、マスクをつけると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう方々がいらっしゃいます。
そのため、マスクをつけたくてもつけられない方は、周囲から厳しい視線や心無い批判を受けることがあります。
​県民の皆様におかれては、このような特性や事情により、マスクをつけられない方へのご理解をお願いいたします。

詳しくは、マスクをつけられない方へのご理解をお願いしますをご覧ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)