ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康危機管理課 > 新型コロナウイルスの無料検査について

本文

新型コロナウイルスの無料検査について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0120272 更新日:2022年8月16日更新

新型コロナウイルスの無料検査について

 新型コロナウイルス感染症対策と日常生活の両立に向け、無症状の方で、社会経済活動を行うに当たり陰性確認が必要な​方や感染拡大傾向時等の感染に不安を感じる方へのPCR等検査を下記のとおり無料で実施します。

  • 受検希望者が多いため、ご希望の日時に検査を受けられない場合があります。
  • また、無料検査におけるPCR検査の結果が判明するまでに時間を要する場合があります。
  • 無料検査を利用いただきます皆様には、このような状況等をご了承のうえ受検いただきますようお願いします。皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

【お知らせ】

 お盆期間中(8月5日~8月18日)に、帰省等される方は、帰省前及び帰省先から戻る前に検査を受けていただきますようお願いします。お盆期間中の無料検査の実施場所は、下記よりご確認ください。

  【お盆期間中】実施場所一覧 (PDFファイル:184KB)

  【お盆期間中】実施場所一覧 (Excelファイル:472KB)

 ※実施場所の営業時間等は、 3 無料検査の実施場所(無料検査を受けられる場所) の事業者一覧から確認できます。

 

 

1 無料検査の対象

(1)ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業(令和4年8月31日まで)

 無症状の方を対象として、「ワクチン・検査パッケージ制度」(※1)、「対象者全員検査」(※2)及び飲食、イベント、旅行・帰省等の活動に際してワクチン接種や陰性の検査結果を確認する民間の取り組みのために必要な検査を無料とします。

※1 「ワクチン・検査パッケージ制度」…飲食店やイベント主催者等の事業者が、入店者や入場者等のワクチン接種歴又は陰性の検査結果のいずれかを確認することにより、感染リスクを低減させ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される行動制限を緩和する制度。

※2 「対象者全員検査」…飲食店やイベント主催者等の事業者が、入店者や入場者等の利用者の検査結果の陰性を確認することにより、感染リスクを低減させ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等おいて課される行動制限を緩和する制度。

 

(2)感染拡大傾向時の一般検査事業 (当面の間継続します。)

 感染拡大の傾向等がみられる場合に、県知事の判断により、無症状の県民を対象に、特措法第24条第9号等に基づき、検査の受検を要請し、要請に応じた県民に対して実施する検査を無料とします。

【留意事項】

・検査の受付時にご本人確認をさせていただきます。身分証明書等をご持参ください。

・無料検査は、無症状の方が対象です。発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医や最寄りの医療機関など、身近な医療機関に必ず電話連絡の上、受診してください。

 詳しくは、「発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い」をご覧ください。

 https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/30/59582.html

 

2 無料検査の対象者及び対象期間

 
  ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業 感染拡大傾向時の一般検査事業

対象者(無症状の方に限る

「ワクチン・検査パッケージ制度」、「対象者全員検査」及び飲食、イベント、旅行・帰省等の活動に際して、陰性の検査結果を確認する民間の取り組みのために必要な方。

※検査受検の目的を証する書類等(チケット・予約票・切符等)の提示が必要です。それらの書類がない場合は、申立書を記載していただきます。

感染リスクが高い環境にある等のため感染不安を感じる県民を対象に、特措法第24条第9項等に基づき、県知事の検査受検要請に応じた県民。(ワクチンの接種済・未接種を問わない。)
対象期間 令和3年12月24日~令和4年8月31日

感染拡大傾向時等に、知事が受検を要請する期間

(令和3年12月29日~当面の間)

その他

令和4年4月1日以降は、原則として抗原定性検査で実施します。

※以下の場合は、PCR検査等による受検が可能です。

(1)受検者が10歳未満であること。

(2)高齢者や基礎疾患を有する者等との接触が予定されること。

《(1)、(2)を確認できる書類又は申立書が必要です。》

 

【留意事項】

・上記の要件に該当しない方は、無料検査の対象外となります。受検を希望される場合は、自費検査を受検ください。

・無料検査の実施場所において、自費検査を実施していない場合もありますので、御注意ください。

○厚生労働省ホームページ(自費検査について)

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00199.html<外部リンク>

 

3 無料検査の実施場所(無料検査を受けられる場所)

 下記の実施場所で無料検査が受けられます。なお、最新の無料検査の実施場所等の情報については、順次更新いたします。

 熊本県ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業及び感染拡大傾向時の一般検査事業に伴うPCR等検査無料化事業実施事業者一覧

 実施事業者一覧 (PDFファイル:236KB)

 実施事業者一覧 (Excelファイル:496KB)

    

4 無料検査の結果について

○検査結果が陽性だった場合

・検査結果通知書に記載の医療機関へ電話し、速やかに受診してください。

 ※電話される際は、「○○(検査事業所名)での無料検査で陽性となったため、確定診断を受けたい」旨をお伝えください。

・院内感染を防止するため、必ず医療機関受診前に電話連絡をしてください。

・医療機関を受診の際は、マスクを着用し、公共交通機関の利用は避けてください。

○検査結果が陰性だった場合

・無料検査では、新型コロナウイルスに感染している可能性が否定されたわけではないため、引き続き感染予防策(3密回避、マスク着用、手洗い・手指消毒等)を徹底してください。

 

お問い合わせ先

 ※検査受検の予約は、実施事業者に直接ご連絡をお願いします。

 その他、一般的なお問い合わせは、熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口で受け付けております。

 電話番号 096-300-5909

お問い合わせ先

よくあるお問い合わせ

症状がありますが受検できますか?

 発熱や咳等の症状がある場合は、医療機関を受診してください。

 発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い

 

保健所から濃厚接触者に該当すると言われましたが、受検できますか?

 濃厚接触者に該当される方は、無料検査の対象になりません。

 また、社会機能維持者の方が濃厚接触者となった場合の待機期間短縮のための検査も対象になりません。

 

同居家族で陽性者が出ました。感染が不安なので受検できますか?

 濃厚接触者に該当する可能性が高いので、保健所等の指示をお待ちいただき、無料検査の受検は控えてください。

 

新型コロナウイルス感染症に感染し、療養していました。職場に復帰する前に、本当に治っているか心配なので無料検査を受けることができますか?

 入院・療養されていた方の退院・療養解除は、国の基準に基づき、医療保健関係者が確認の上で行っています。また、退院等により就業制限も解除されるため、勤務開始に当たって、職場等への証明の提出は不要です。

 このため、入院・療養されていた方の退院・療養解除後の検査は、感染の不安のある県民の方を対象とした無料検査の対象にはなりません。

 また、職場等からの指示で陰性確認のための検査を受ける場合も、無料検査の対象になりません。

 ※退院・療養解除後にPCR検査を行うと、不活化したウイルスに反応して陽性の結果が出てしまう場合があるため、陰性確認を目的とした受検はお控えください。

 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

 

事業所の従業員等に無料検査を受けさせることができますか?

 企業や学校等からの指示で検査を受ける場合は、無料検査の対象になりません。

 なお、事業主が従業員を対象とした検査を実施する場合、一定の条件下で、医薬品卸売業者から、抗原定性検査キットを直接入手できることとされています。

 詳しくは、厚生労働省ホームページ「一般事業者からの問合せに対応できる医薬品卸売業者等について<外部リンク>」をご確認ください。

 

海外渡航用の陰性証明書を発行してもらえますか?

 海外渡航用の「陰性証明書」発行を目的とした受検は、無料検査の対象となりません。

 なお、無料検査で発行する「検査結果通知書」は、「ワクチン・検査パッケージ制度」や「対象者全員検査」等においてのみ有効なものであり、「陰性証明書」とは異なります。

 

 海外渡航用の陰性証明書を取得したい方は、以下のサイトを御参照ください。

  自費検査を提供する検査機関一覧(厚生労働省)<外部リンク>

 

検査は何回でも受検できますか?

 制限はありませんが、多くの方が受検できるようご配慮をお願いします。

 なお、検査回数が多い場合(直近1か月間にすでに3回以上受検している場合)には、検査申込の際に理由をお伺いします。

 

検査結果通知書の有効期限は?

 ワクチン・検査パッケージ制度等で検査結果通知書を利用する場合、PCR検査等は有効期限3日間、抗原定性検査は有効期限1日間とされています。

 

【ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業及び感染拡大傾向時の一般検査事業に伴うPCR等検査無料化事業実施事業者の募集は、こちらから確認ください。】

https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/30/119974.html

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)