ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画振興部 > 交通政策課 > 高雄線PRラッピング市電運行開始式典(熊本市交通局)

本文

高雄線PRラッピング市電運行開始式典(熊本市交通局)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007298 更新日:2020年8月1日更新

テープカット式典の画像1

 6月3日(月曜日)、蒲島知事は、台湾・高雄~熊本線の三熊友達号(さんくまともだちごう)就航2周年記念に係る「高雄線PRラッピング市電運行開始式典」に出席しました。

 「三熊友達号」は、阿蘇くまもと空港に発着する国際定期便の一つ、高雄線に平成29年に就航した特別ラッピング塗装機で、熊本県のくまモンと、台湾政府観光局のキャラクターである喔熊(オーション)、高雄市政府観光局のキャラクターである高雄熊(ガオションション)が機体に描かれています。

 この「三熊友達号」が就航2周年を迎えたことから、県では、高雄線の利用と相互交流をさらに促進するため、高雄線のPRラッピングを施した熊本市電の車両を制作し、運行開始に合わせて、高雄市などからお客様をお呼びし、テープカット式典を開催しました。

 知事は「高雄線を末永く成長させていくためには、熊本と台湾・高雄間の双方向での交流が重要。これを機会に、より一層、県民の皆様に台湾・高雄、そして高雄線のことを知っていただき、三熊友達号で台湾を訪問していただきたい」とあいさつしました。

テープカット式典の画像2

(左側が「喔熊(オーション)」)

(右側が「高雄熊(ガオションション)」)