ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 観光戦略部 > 観光振興課 > 「くまもと再発見の旅~身近な人と身近な旅へ~」(熊本県宿泊助成事業)の実施

本文

「くまもと再発見の旅~身近な人と身近な旅へ~」(熊本県宿泊助成事業)の実施

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0088815 更新日:2021年3月11日更新

「くまもと再発見の旅~身近な人と身近な旅へ~」事業を実施します!

・概要 「身近な人と身近な旅へ」をキーワードに、コロナ禍における
    「新しい旅のスタイル」を確立する

・対象宿泊施設 感染防止対策に取り組む施設

・宿泊対象期間 3月16日(火曜日)から4/28(水曜日)まで
        予約開始は3月16日から

・対象者 県内在住者のみ
      (普段から日常的に接している人と4人以下)
      (同居家族は5人以上でも可能)

・助成金額 (1)日曜~木曜
         税込10,000円以上の宿泊費 ⇒5,000円割引
         税込10,000円未満の宿泊費 ⇒半額

      (2)金曜・土曜・祝前日
         税込10,000円以上の宿泊費 ⇒3,000円割引
         税込10,000円未満の宿泊費 ⇒1,500円割引

知事臨時記者会見

【会見動画】

知事コメント

本県では、新型コロナウイルス感染症の第3波により、県独自の緊急事態宣言の発令など、感染防止対策に徹底的に取り組んできました。
これまでの県民・事業者の皆様の一丸となった取組みにより、感染状況は落ち着きを見せております。

このような中であっても、気を緩めることなく、県では引き続き、感染防止対策を進めるとともに、地域経済の回復に向けた取組みも進め、相互のベストバランスを図って参りたいと思います。

そこで今回、コロナ禍における新しい旅のスタイルの確立と感染拡大により最も影響を受けている観光業界を支援するため、「身近な人と身近な旅」をキーワードに、「くまもと再発見の旅」事業を実施します。
この事業により、感染リスクを下げ、疲れた心と体を癒し、ふるさと熊本の魅力を再発見していただければと思います。

本事業は、感染防止対策に徹底して取り組むホテル・旅館などに宿泊する場合にのみ、適用いたします。
宿泊対象期間は、3月16日から4月28日までとし、県内在住者のみが利用できます。
宿泊する曜日、また宿泊金額により異なります。

今回の事業では、感染リスクを下げるため、3つのポイントがあります。
1つ目は、本事業の利用者を制限することです。個人又は普段から日常的に接している人に限定し、さらに同居家族・同居人を除き、人数は4人以下とします。
2つ目は、平日に人の流れの分散化を図ります。宿泊旅行は、土日・祝日に多いことから、三密を避けるため、平日に助成金額を高く設定しました。
3つ目は、これまで以上に感染防止対策を徹底していきます。後ほど説明しますが、旅行者には、今回新たに作成した「宿泊旅行時の感染リスクを下げる4つのステップ」を遵守していただきます。
「旅行の予約時」・「旅マエ」・「旅ナカ」・「旅アト」のステップごとに実践していただく項目を記載しております。

旅行者には、ここに挙げている感染症対策の徹底を改めて実践いただきたいと思います。
さらに、県では、感染防止対策の取組み方法などを、県観光ホームページなどを使って広く周知します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)