ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 上益城地域振興局 > 上益城地域振興局農林部 > カキ「太秋」の果実品評会を開催しました

本文

カキ「太秋」の果実品評会を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0088802 更新日:2021年3月24日更新
 上益城地域では、10月21日に柿「太秋」の銘柄確立と柿部会会員相互の生産技術向上を目的として、JAかみましき本所で品評会が開催されました。
 果実品質部門に12点、大玉果実部門に11点の出品があり、果実品質部門では、6玉の玉揃いや着色、果形、キズ等の外観や糖度について、大玉部門では重量を評価しました。
 今年は、長雨による日照不足と夏場の乾燥で生育への影響が心配されましたが、出品された果実は十分な大きさと美しさで、審査員一同を悩ませました。
 品評会は自ら生産した果実をじっくり観察する良いチャンスです。来年はさらに多くの生産者に出品してもらい、生産意欲の向上につなげてほしいと思います。
太秋
審査の様子