ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 上益城地域振興局 > 上益城地域振興局農林部 > 団地化した大豆の収穫作業が終了

本文

団地化した大豆の収穫作業が終了

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0080562 更新日:2021年1月7日更新
 上益城地域は県下における大豆の主産地で、そのうち嘉島町では340haで団地化による水稲とのブロックローテーションが行われ、効率的な営農が展開されています。
 令和2年産の大豆は11月中旬から12月上旬に収穫され、天候に恵まれたことで収穫作業がスムーズに進み、莢の裂皮による収穫ロスが少なくなりました。このため、JAかみましきの共同乾燥施設の集荷実績は計画の1,000tに対し、1,092t(計画比109%、前年比120%)、品質は1等比率が75.1%(12月21日現在)と、昨年より多収・高品質な大豆が生産されています。
 農業普及・振興課では、大豆を水田における戦略作物に位置付け、今後もJAや地域営農組織と連携し、収量・品質向上のために優良品種の選定や高位生産技術の確立を進めます。

※裂皮:収穫適期が過ぎると莢から実がはじけること。
収穫作業
収穫作業の様子
展示ほ
裂皮性を改善した品種の展示ほ