ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 土木部 > 建築課 > 【消費者向け】不動産取引(売買・賃貸借)について

本文

【消費者向け】不動産取引(売買・賃貸借)について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0004366 更新日:2020年10月1日更新

1 不動産売買(宅地建物売買)について

 一般の方が不動産の売買を行うことは一生に何度もあることではありません。
 そこで、つい業者任せになってしまい、後になって「こんなはずではなかった」ということもないとは限りません。
 不動産の購入にあたっては、事前に購入の計画を立てて慎重にことを進めていくことが必要です。
 不動産購入にあたっての注意点は、ガイドブックがありますので、参考にされてはいかがでしょうか。

不動産売買の手引き(PDFファイル:755KB)

2 敷金精算、原状回復について(賃貸借のトラブル)

 不動産の賃貸借でよくトラブルになるのが、解約後の原状回復、敷金精算のトラブルです。「原状回復費用を請求され敷金を返してもらえない」などのトラブルがよく聞かれます。敷金精算は、契約に基づく貸主と借主との問題であり、当事者間で話し合いのうえ解決しなければなりません。
 原状回復に関するトラブルについては、国土交通省がガイドラインを作成しておりますので、参考にされるのも良いでしょう。

3 よくある質問 Q&A

問い合わせの多い内容についての回答を以下のリンク先に掲載しております。ご参照ください。

不動産のQ&A(一般財団法人不動産適正取引推進機構)<外部リンク>

4 法律相談について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)