ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 知事公室 > 広報グループ > 【3月2日】令和2年7月豪雨復旧・復興本部会議(第6回)

本文

【3月2日】令和2年7月豪雨復旧・復興本部会議(第6回)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0087561 更新日:2021年3月2日更新

【3月2日】令和2年7月豪雨復旧・復興本部会議(第6回)

【復旧・復興本部会議(第6回)】

【会議後知事取材】

第6回復旧・復興本部会議資料 (PDFファイル:5.07MB)

本部長(知事)挨拶

昨年7月の豪雨災害から8カ月が経過しようとしている今、被災された地域においては、少しずつではありますが、着実に復旧・復興の歩みが進んでいると感じています。
この歩みを更に加速させるため、「令和2年7月豪雨からの創造的復興」を大きな柱の一つとした、令和3年度当初予算を、2月定例会に提案しています。
被災された方々全ての生活再建なくして、復旧・復興はあり得ません。引き続き、お一人一人の意向に沿った生活再建が実現できるよう、県庁一丸となって取組みを進めていただきたいと考えています。

本日は、そうした取組みを着実かつ迅速に進めていくため、復旧・復興プランにおける主な取組みのロードマップをお示しします。
このロードマップは、球磨川流域の創造的復興に向けて、住民や市町村と共に目指す目標であるとともに、必ず復興を成し遂げるという私の決意の表れでもあります。

今後、3月末までには各市町村の復旧・復興計画が策定され、具体的なまちづくりや集落の再生が進み、被災された方々の本格的な生活再建が加速していきます。

各部におかれては、本日の議論も踏まえて、プランに掲げる取組みの更なる推進をお願いします。
本日はよろしくお願いします。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)