ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 総合土木(一般土木) > 総合土木[一般土木](天草広域本部 工務第一課)

本文

総合土木[一般土木](天草広域本部 工務第一課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007614 更新日:2020年8月1日更新

※ 大学卒業程度では、平成30年度採用試験から、「一般土木」と「農業土木」を統合し、「総合土木」職として募集しています。

本人写真
原田 修一

所属

 天草広域本部工務第一課

現在の業務内容

 新天門橋(仮称)の工事の実施や国道266号大矢野バイパス施設整備計画を担当しています。

今日の業務内容

現場見学会

  • 8時30分~9時30分 現場見学会の準備
  • 9時30分~11時00分 現場へ移動し、現場の監督及び見学会準備
  • 11時00分~12時00分 現場見学会
  • 13時00分~16時00分 新天門橋工事施工者、設計コンサルタントと打ち合わせ
  • 16時00分~18時30分 明日の打ち合わせの連絡・準備

 今日は、上天草市主催の観光モニターツアーがあり、見学先の一つとして新天門橋(仮称)の紹介を行いました。この企画は、福岡市内からの参加者に上天草市内の様々な観光地や体験を紹介しPRするとともに、参加者のアンケートや反応を基に今後の観光政策の新たな取り組みに繋げるものです。

 参加者は橋梁建設現場を間近で体験し、建設作業の臨場感や初めて見る建設機械の迫力に感激されていました。また、天草五橋の建設や開通当時の話にも熱心に耳を傾け質問されるなど、想像した以上に好評でした。

現場監督

 午後からは、新天門橋の今後の施工計画や工事工程について監督と打ち合わせを行いました。

 新天門橋はこれからアーチや桁の架設が始まるなど工事が本格化します。後世に残る素晴らしい橋ができるよう、精一杯取り組んでいきたいと思います。

(3月22日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット