ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 総合土木(一般土木) > 総合土木[一般土木](球磨地域振興局 維持管理調整課)

本文

総合土木[一般土木](球磨地域振興局 維持管理調整課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007610 更新日:2020年8月1日更新

※ 大学卒業程度では、平成30年度採用試験から、「一般土木」と「農業土木」を統合し、「総合土木」職として募集しています。

本人正面
立道 秀一

所属

 球磨地域振興局土木部 維持管理調整課

現在の業務内容

 国道445号瀬目トンネルの道路災害復旧工事、道路災害防除工事、橋梁補修工事を担当しています。

 ※所属は、記事作成時のものです。

今日の業務内容

業務中1

  • 8時30分~9時30分 工程調整会議の資料準備
  • 9時30分~12時00分 瀬目トンネル現場に移動し、現場の監督
  • 13時00分~15時00分 現場事務所で工程調整会議
  • 15時00分~17時15分 現場から振興局へ移動、議事録の作成

 今日は、朝から工程調整会議の資料準備を行い、五木村のトンネル工事現場に向かいました。トンネル工事現場では、主任監督員として、定められた形状と品質で施工されているか、防水工事及び覆工コンクリート工事の確認検査を行いました。

業務中2

 午後からは、トンネル内に占用を予定している電力、通信事業者の担当者も参加する工程調整会議を行いました。道路事業では、道路敷地内に設置される電力、通信、水道、下水道等の事業者と打ち合わせを行うことがあります。会議では、会議進行も行いながら各事業者からの説明を受けて、新たな課題を共有し、課題解決に必要な工程計画の見直しを行い、各事業者が安全に工事を進められるよう施工区間及び施工時期の協議を行いました。今後も工程調整会議を定期的に行い、早期完成と事故防止に取り組んで行きます。
 土木部の仕事は、関係する様々な立場の人々と話し合いを行い、協力を得ながら完成して行きます。トンネル工事完成後は、協力頂いた方々にお知らせし、完成の喜びを共有したいと考えています。

(11月1日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット