ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 警察官 > 警察官(警察本部 機動隊)

本文

警察官(警察本部 機動隊)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007575 更新日:2020年8月1日更新

本人
先輩職員

所属

 警備部機動隊

現在の業務内容

 地震や大雨による災害現場、山岳遭難現場等での救出・救助活動を始め、テロ等の緊急事態に備えた諸対策や治安警備に関する各種活動を行っています。

今日の業務内容

潜水訓練1

  • 8時25分 機動隊朝礼
  • 8時30分 車両点検・隊内清掃
  • 9時30分 午前の部 消防との合同潜水訓練
  • 12時00分 昼食休憩
  • 13時30分 午後の部 消防との合同潜水訓練
  • 16時00分 合同訓練終了、資材撤収
  • 16時15分 自己研鑽(各自トレーニング等)
  • 17時15分 終礼、勤務終了

 今日は、消防との合同潜水訓練を実施しました。
 訓練内容は、午前の部がシュノーケリング訓練、午後の部がスクーバ訓練です。
 潜水活動による水中作業は、一つのミスが命を落とすことにも繋がる危険なものです。そのため、重量物を持った立ち泳ぎ訓練、水中での装備品脱装着訓練、無視界下でのトラブル排除訓練及び捜索訓練など、あらゆる現場を想定した訓練を反復実施します。

潜水訓練2

 消防の方とは普段から、大規模災害を想定した救出・救助訓練、テロ対処訓練など、色々な訓練を連携・協働して行っています。その中でも今日の合同潜水訓練は、隊員一人ひとりが技術向上のため切磋琢磨しながら実施したことで、警察と消防の隊員間の連携がより一層強まりました。

 このように、私が所属する機動隊レンジャー部隊は、県警の精鋭部隊であり、一般の警察官では対応出来ない特殊環境下での活動が求められますので、毎日緊張感を持って訓練に臨んでいます。

 社会情勢が厳しくなって行く中、安全で安心して暮らせる熊本を実現するため、日々訓練に励み、どんな困難な現場でも必ず任務を完遂するという強い意志と仲間との強い絆で、職務を全うしていきたいと思います。

(10月17日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット