ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 看護師 > 看護師(こども総合療育センター)

本文

看護師(こども総合療育センター)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007563 更新日:2020年8月1日更新

本人
鞭馬 知子

所属

 こども総合療育センター

現在の業務内容

 ユニットケアを導入している生活棟で、入所児の体調管理など医療的ケアとともに、こどもたちの生活力向上への支援を行っています。
 その他にも、看護スタッフのスキルアップを図る教育委員や実習生の指導、チームリーダーなど教育関係の業務を担当しています。

今日の業務内容

業務中1

  • 8時30分 情報収集・歯磨き・整容介助・申し送り・業務調整・学習タイム・環境整備
  • 10時00分 牛乳介助・排泄介助・薬のチェックなど
  • 11時20分 休憩
  • 12時20分 昼食介助・経管栄養注入
  • 13時30分 研修
  • 14時30分 検温・記録・おやつ介助・排泄介助・余暇活動など
  • 16時15分 申し送り・記録・事務処理・余暇活動など
  • 17時15分 業務終了

 今日は日勤で業務リーダーの当番でした。こどもたちが生活リズムをくずさないように、この日のこどもたちのスケジュールに合わせて業務調整や職員の配置を考えます。「主役はこども」がケアの基本です。

 午後には、担当している教育委員の研修を行いました。実際に職員の下肢にギプスを巻き、注意点や観察点を確認しました。研修は、職員の各レベルに応じて毎月行われます。また看護師だけでなく、医師や訓練士などの他職種も参加・指導をしてくれるので、充実した内容になっています。特に私は、教育関係の能力を高めたいと考えているため、そのような希望も考慮してもらえる職場です。

業務中2

 余暇活動では、こどもたちが一人ひとり、自分の好きなことをして過ごします。こどもたち個人のペースやリズムをできる範囲で許容し、自己決定してもらい、自分の生活をコントロールする力を育んでいます。今日は「一緒に野球しよ~」と誘われ、中庭で遊びました。私にとってもこどもたちに癒される楽しい時間です。
 こどもたちと触れ合う日々は楽しく、こどもたちの成長を感じることが私のやりがいです。

(3月22日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略