ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 獣医師 > 獣医師(健康危機管理課)

本文

獣医師(健康危機管理課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007556 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
奥田 将之

所属

 健康福祉部健康危機管理課

現在の業務内容

 健康危機管理課の食品衛生監視機動班長として、毎月県内にある全保健所(10か所)に赴き、各保健所の食品衛生担当者と合同で管内の食品製造施設、工場、飲食店、物産館等に立入し、食による健康被害が起きないように食品の検査や衛生指導・助言等を行っている。
 また、併せて、HACCP(※)導入のための普及・推進を行っている。
 ※HACCPは、「危害分析重要管理点」といい、国際基準となっている食品の安全性を確保する衛生管理の手法である。4年後の東京オリンピックまでに食品関連事業者はそれを取り入れることが義務化されることが決まっている(現段階ではまだ普及率は低い)。

今日の業務内容

運転中

 私の主な業務は、公用車の運転?ではなく県民への食品衛生意識の普及・啓発である。県内にある10か所の保健所を毎月回っている。1か月の勤務日数が約20日なので月の半分は外勤となる。本庁から県内の隅から隅まで、多い時には1日に200km以上運転することもある。意外と体力を要する業務だ。さて、そんな私のある1日を覗いてみよう。

 朝、まずは始業前に新聞に目を通す。今日も震災関連の記事が載っている。ここ最近は「被災」や「災害」という単語よりも「復興」という単語のほうが増えてきたように思える。そして、本業である食品衛生関連の記事を探す。今日は特に食中毒や事件性のあるような記事はない。そんなこんなで、始業開始のチャイムが鳴り、1日が始まる。そして、今日も外勤の支度を始める。今日向かう場所を再確認する。

 さて、今日は・・・阿蘇だ。早く出発しなければ!!

作業中

 阿蘇に到着した後、すぐに阿蘇保健所の食品衛生担当者とミーティングし、一緒に食品製造施設等を回る。事業者にHACCPに関する説明を行い、併せて食品の収去(行政検査を行うために提供してもらうこと)を行う。なんだかんだで阿蘇保健所での用務を終え、県内行政試験検査機関の機能を持つ八代保健所と保健環境科学研究所に向かう。そして、本庁に戻り着いたのは夕方の17時過ぎ(本日は県庁→阿蘇→八代→宇土→県庁コース)。

 朝眩しく登る太陽を見てデスクに座ったはずが、気づけば夕方、その輝きが弱まり黄昏時に沈む太陽を見てその日、久しぶりにデスクに座ろうとしている。デスクに座っているより、車の運転席に座っている時間の方が圧倒的に長いような気がする。

 ようやく事務作業を始める。自分の机を見たら、色んな文書の山ができている。これが一日分の山かと思うが、驚かない。せっせと山を切り崩し、デスクワークを始める。

 以上が、ある私の1日です。ちなみにこの日の走行距離は238kmでした。自分にお疲れ様!!

(11月7日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略