ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 保健師 > 保健師(鹿本地域振興局 保健予防課)

本文

保健師(鹿本地域振興局 保健予防課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007548 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
荒牧 純子

所属

 鹿本地域振興局(山鹿保健所)保健予防課

現在の業務内容

 指定難病の医療費助成申請の受付や家庭訪問、交流会の企画・開催、関係機関との会議等を行っています。また、肝炎治療に関することや、原子爆弾被爆者の方への援護も担当しています。

 ※この記事は、平成28年12月に作成したものです。

今日の業務内容

申請対応

 今日は、指定難病の医療費助成の申請にいらっしゃった方に、その制度の内容について説明しました。難病との診断を受け、戸惑っている方や不安を感じている方もいらっしゃるので、制度の説明だけではなく、現在どんな症状があるのか、何か困っていることはないかなどを伺い、必要に応じて、相談機関や患者会の紹介も行っています。
 申請業務の他にも、難病の方の家庭訪問や交流会の開催なども行っています。交流会については開催まで不安もありましたが、参加された方から、普段交流できない同じ疾患の方と交流することができ、情報交換も出来てよかった、という感想をいただけて、やって良かったなと感じました。
 難病の種類は数多くあるため、分からない時には調べたり、患者さんに教えていただいたりしながら、私も日々勉強しているところです。信頼関係を築きながら、個別的な支援から地域への支援につなげられるように取り組んで行きたいと思っています。

デスクワーク

 県庁で働き始めて8か月が経ちましたが、分からないこともたくさんあります。そんな時に頼りになるのが、同じ職場の先輩方です。悩んだ時にも、親身になって考えてくださいます。小さなことでも確認することで、自信にもつながります。

 また、様々な分野の仕事があることも県庁の魅力だと感じています。同期の友達と仕事について語り合うことも、すごく刺激になります。これからも、住民の方を含め、たくさんの人と出会いながら、保健師として健康づくりに携わっていきたいです。

(12月21日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット