ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 畜産 > 畜産(農業研究センター 畜産研究所)

本文

畜産(農業研究センター 畜産研究所)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007536 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
道下 殊代

所属

 農業研究センター畜産研究所

現在の業務内容

 本県で保有する原種鶏(原種天草大王、熊本コーチン等)の系統維持・改良と増殖や天草大王を利用した飼養試験等の試験研究、天草大王生産農家への飼育衛生管理等の指導を担当しています。

※この記事は、平成27年10月に作成したものです。

今日の業務内容

体重測定

  • 午前:天草大王飼養試験鶏の定期体重測定
  • 午後:天草大王生産農家への現地調査・飼育管理指導

 今日は、畜産研究所内で飼養試験を行っている県産地鶏「天草大王」の発育調査(体重測定)を午前中に行いました。熊本県では、県内10農場でくまもとの地鶏「天草大王」の生産が行われ、年間約12万羽(平成26年実績)が出荷されています。

 畜産研究所では、天草大王をより大きく、よりおいしくするためにDNA情報を利用した肥育試験や鶏に給与する飼料に関する試験などを行っています。

 飼養試験は、定期的に体重や発育状況の確認を行って、データとしてまとめていきます。これらの結果は、試験成績書としてまとめ、学会や成果発表会等で報告していきます。その中でも特に優れた結果は、成果として県内に広く普及され、生産者の方々の畜産経営に活かされたりします。

農家巡回

 また、研究所内での試験研究の他に、現地で生産者の方が飼育する鶏の状況調査や飼育管理指導なども行うため、午後には、関係機関職員と農場を訪問し、様々な調査を行ったうえで、改善点などを生産者の方々と検討しました。

 生産者の方々が「天草大王」を他にはない熊本特有のブランド地鶏だと誇れるように様々な面から支援していきたいと思います。

(10月1日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略