ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 建築 > 建築(県南広域本部 景観建築課)

本文

建築(県南広域本部 景観建築課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007521 更新日:2020年8月1日更新

本人正面
松下 千鶴

所属

 県南広域本部 景観建築課

現在の業務内容

 建築基準法に関連する各種申請や届出の内容の審査、その他建築基準法に関する調査・パトロール業務を行っています。

 ※この記事は、平成28年2月に作成したものです。

今日の業務内容

建築物確認申請の受付

  • 8時30分~10時00分 当日業務のスケジュール確認及び準備(八代)
  • 10時00分~12時00分 芦北地域振興局での受付窓口業務(芦北)
  • 13時00分~15時30分 建築物完了検査(水俣市)
  • 15時30分~17時15分 芦北で受付を行った建築関係申請書類の内容確認、調査関係書類の整理(八代)

各広域本部の建築職の職員は、各広域本部内の建築基準法に関連する各種申請・届出の内容の審査をしたり、管内の建築物にかかわる調査・指導をすることが主な仕事です。

県南広域本部土木部景観建築課では、八代地域、芦北・水俣地域、人吉・球磨地域と広範囲を管轄しています。

完了検査

 午前中は芦北地域振興局で建築物確認申請の受付があったので、建築士の方と話をしました。どんな建築物を新しく建てる計画なのか話を聞きながら、申請資料を確認しました。地元の建築士の皆さんは地域のことをよく知っていらっしゃるので、話を聞きながら地域の魅力に触れることは仕事の楽しみのひとつです。

 午後からは、水俣市に新築された建築物の完了検査がありました。完了検査とは建築物の工事が終わったときに、確認申請時の提出資料と現場の状況を照らし合わせながら、適法に施工されているか確認する検査で、敷地周辺の状況などの確認もあわせて行いました。

 完了検査後は八代の庁舎に戻って、芦北で受付をした書類等の内容の確認を改めて行い、その日の一日の業務を終えました。(2月8日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット