ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 教育行政・教育事務 > 教育行政・教育事務(天草市立本渡北小学校)

本文

教育行政・教育事務(天草市立本渡北小学校)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007517 更新日:2020年8月1日更新

正面
菅原 朋美

所属

 天草市立本渡北小学校

現在の業務内容

 庶務全般(施設設備、文書、予算、諸会計、職員の給与・旅費・福利厚生等)を担当しており、学校で唯一の事務職員として、幅広い分野を担っています。

 また、週2回は学校事務センターでの勤務を行い、給与グループで給与・旅費等の業務を行っています。

 ※この記事は、平成28年3月に作成したものです。

今日の業務内容

事務室業務中

 まず、毎日の朝一番の業務は消耗品の在庫チェックから始まります。特に、用紙類、印刷機用消耗品を注意して確認します。本校のような大規模校では、一度に大量の用紙を使用することも多く、在庫チェックがかかせません。今の時期は、春休みの宿題作成等で、印刷機もフル稼働です。倉庫から用紙を運ぶ途中、子どもたちと元気な挨拶を交わします。

 子どもたちの明るい笑顔に「今日も一日がんばるぞ!」とやる気がみなぎります。

窓口対応

 次に、文書処理を行います。まず、メールの確認です。天草市では、朝、昼、夕方の3回メールを確認するように決められています。急ぎの文書の確認等、文書の流れが滞らないように入念に処理します。

 一通りの朝の業務が終わったところで、その日の必要な業務に取り掛かります。今日は異動事務の処理です。転出する職員が転出先の学校へ持参する書類を作成します。どこからか卒業式の練習の歌声が聞こえてきます。それを聞きつつ、転出する職員一人一人との思い出を振り返りながら、感謝の気持ちとともに書類を封筒に詰めていきます。

事務センター

 本日の午後からは、兼務している天草中央学校事務センターで勤務です。平成26年度に開設され、拠点校1校と、構成校6校で成り立っています。火、木の週2回拠点校の本渡中学校内にある事務センターへ出勤します。
 センター長を柱に、9名の職員が総務・給与・財務の3グループに分かれそれぞれの業務を行っています。事務センターでの本日の業務は給与の定例報告の点検です。各学校の主任や部活動手当の3月分の点検を行います。点検終了後は、転入してくる職員向けの資料を作成し、各学校へ配付して、本日のセンター業務は終了です。

卒業生からのメッセージカードの画像
卒業生からのメッセージカード

 しかし、年度末の事務処理のため学校へ戻ります。まだまだ本日の業務は続きそうです。今年度も残り僅かとなりました。子どもたちのよりよい成長を願い、教育指導の環境を整えるため、チーム北小の一員として誇りを持って業務に取り組んでいます。

(3月22日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略