ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 警察行政・警察事務 > 警察行政・警察事務(警察本部 サイバー犯罪対策課)

本文

警察行政・警察事務(警察本部 サイバー犯罪対策課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007513 更新日:2020年8月1日更新

正面写真
先輩職員

所属

 サイバー犯罪対策課

現在の業務内容

 警察職員向けの教養資料作成や電磁的記録媒体の解析支援、ツール及びシステムの開発を担当しています。

 ※この記事は、平成28年3月に作成したものです。

今日の業務内容

システム開発

  • 8時30分~11時30分 教養資料作成
  • 11時30分~12時00分 「サイバー防犯ボランティア感謝状贈呈式」準備
  • 13時00分~13時30分 電磁的記録媒体の解析支援
  • 13時30分~15時00分 教養資料作成
  • 15時00分~17時15分 システム開発

 本日は、午前中に警察職員のサイバー犯罪対処能力向上のために教養資料の作成を行い、午後からは不正送金事件の証拠品の解析支援(※データの抽出等)及び解析業務の作業効率化のために、解析用のシステム開発を行いました。

 私は専門職員として日々、事件捜査がより効率的に行えるようにシステム開発を行うほか、高等専門学校で学んだプログラミングの知識や経験を活かして警察職員への教養や様々な技術的支援を行っています。

資料作成

 ところで、本日3月18日は何の日かご存知でしょうか?

 政府が語呂合わせで「サイバーの日(3(さ)月1(い)8(ばー)日)」と制定している日でもあり、サイバーセキュリティ月間(2月1日~3月18日)の最終日となります。

 熊本県警察では、「サイバー防犯ボランティア感謝状贈呈式」を行いました。

 サイバー防犯ボランティアは県内の大学生で構成されており、通称「KC3」という名前で、サイバー空間の安全確保のための広報活動や違法・有害情報の発見・通報活動などを行っていただいております。

 今後も官民連携を強化して、サイバー空間の更なる安全確保に努めていきたいと思います。

(3月18日)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


職員採用案内パンフレット特設サイトバナー

職員案内パンフレット

熊本県の戦略