ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 熊本県職員採用ガイド > しごと日誌・しごと紹介 > 行政・一般事務 > 行政・一般事務(健康福祉政策課)

本文

行政・一般事務(健康福祉政策課)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007509 更新日:2020年8月1日更新

正面写真
伊藤 貴範

所属

 健康福祉部健康福祉政策課

現在の業務内容

 地方分権、保健・医療・福祉の連携、市町村・団体等からの要望に関することなど、健康福祉部内外との調整業務を担当しています。

今日の業務内容

入札会に出品された海苔の品質を確認

 毎朝、各新聞の健康福祉部に関係する記事を確認し、部長から関係課まで情報を共有することから、一日の業務がスタートします。

 今日はその後、地方分権に関する業務で、本県から国に提案し、制度の見直しが閣議決定された事案について、本県の意図に沿った改正が行われているか、内閣府の担当者に進捗状況を確認しました。

 すると、法令の所管省庁に意図が一部伝わっていないことが判明。改正作業に意向が反映されるよう、国に意見を出すか検討に着手。午前中のうちに関係課と協議し、意見を出す方向で準備することになりました。

海苔の黒さを測定

 午後からは、関係課と制度を運用する立場から問題点を整理し、意見の案文を作成しました。案文について関係課の了解も取れたので、いよいよ上司に説明です。ここをクリアすると部として正式に意見を出す方針が決定されます。上司からは部内の様々な施策や他県の状況など幅広い視点から指摘が入りましたが、若干の修正程度でなんとかクリアできました。

 今の業務では、部内各課の方針などを取りまとめ、部の方針として部外に伝えていくことが中心です。各課の施策、事業、業務などの内容を丁寧に把握した上で、調整することが大事だと日々実感しています。

 さて、今日の仕事も終わったので、今日はこれからバドミントンで気分をリフレッシュしてきます♪

(1月20日)


熊本県の戦略

職員案内パンフレット