ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県警察 > 安心な暮らし > 肥後っ子サポートセンター > (注目)「JKビジネス」被害防止対策の推進

本文

(注目)「JKビジネス」被害防止対策の推進

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0091411 更新日:2021年4月1日更新

危険が潜んでいる「JKビジネス」

 いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により、女子中・高校生が性犯罪等の被害 に遭う問題が発生していることから、政府を挙げて、その根絶に取り組んでいるところです。警察では、あらゆる警察活動を通じて、これら営業の実態把握に努めるとともに、学校等における被害防止教育や、同営業で稼働している少年に対する街頭補導等の取組を推進しています。
 令和2年12月末現在、県内で「JKビジネス」と呼ばれる営業を行う事業者の把握はありませんが、いつ出現してもおかしくない状況です。

 コミュニケーションなど一見すると問題のないアルバイト先に見える場合でも、少年が児童買春や客からストーカー等の被害に遭うといったケースが発生しており、安易に働くことはとても危険です。

 

JKビジネスってどんなの?

  • リフレ
    客の身体のマッサージや添い寝、ハンドマッサージ、肩もみ、体を洗う等のサービス や、体を触らせるサービスを提供する形態の営業
  • 散歩
    客にデート等のサービスを提供する形態の営業
  • 見学
    直接又はマジックミラー越しに従業員の姿態を見せるサービスを提供する形態の営業(「作業所」と言われる従業員が折り紙やアクセサリー作り等の作業をしている姿態を 見せるサービスを提供する形態の営業も含む。)
  • 撮影
    個室又は屋外等において、主に従業員の姿態を撮影させるサービスを提供する形態の営業
  • コミュニケーション
    会話等のサービスを提供する形態の営業(サービスの例としては、会話、占い、カウンセリング、ゲーム等又はこれらを複合したサービス(添い寝、腕枕、ハグ、全身マッサージ等の客に接触し、又は接触させるサービスを除く。)が該当する。)
  • 喫茶
    設備を設けて客に飲食をさせる営業で、カウンター席やテーブル席を設置した店内において、飲食物等を提供する形態の営業
  • ガールズ居酒屋
    設備を設けて客に飲食させる営業で従業員に水着、下着、学校において着用する生徒 制服又は体操着を着用させ、パフォーマンスつきでメニュー注文を受けさせたり、酒肴を運んだ際に客の面前でダンスをさせる等のサービスを提供する形態の営業
  • ガールズバー
    設備を設けて客に飲食させる営業で、カウンター席が設置され、従業員に水着、下着、学校において着用する生徒制服又は体操着を着用させ、カウンター越しに接客して酒類等を提供するショットバー形態の営業

 

営業に関する検挙事例

  • 「リフレ」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じて身体を接触させるなどのサービスを行わせていた。
  • 「撮影」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じて胸部等をことさら強調する姿勢を撮影させるサービスを行わせていた。
  • 「コミュニケーション」の経営者は、女子高校生を雇い入れ、店内の個室において、客の求めに応じてわいせつ行為などのサービスを行わせていた。
  • 「散歩」の経営者は、マンションの一室に事務所兼待機室を設け、専ら18歳未満の女性従業員を雇用し、遅刻、無断欠勤には罰金を科し、ホテル等で客とわいせつ行為をしなければ金を稼げない状況にした上で、「裏オプション」としてわいせつ行為などのサービスを行わせていた。

 

相談窓口

「JKビジネス」に関連した各種トラブルに遭った際には、警察相談専用窓口「♯9110」や最寄りの警察署、交番等に相談してください。

肥後っ子テレホン(子供相談電話)

  • 受付時間 平日 8時30分から17時15分まで
  • フリーダイヤル 0120-02-4976
  • 携帯電話・Fax 096-384-4976
  • メール higokko@police.pref.kumamoto.jp

肥後っ子テレホン 番号等の画像

 


 警察では、「JKビジネス」に関して各種法令を適用して厳正に取り締まるとともに、「JKビジネス」で稼働する少年についても、街頭補導による 発見・保護を推進しています。

「JKビジネス」は手軽なアルバイトではなく、危険なアルバイトです。絶対に働いてはダメ!

熊本県警察本部 生活安全企画課  Tel:096-381-0110


あなたのまちの警察署 県北 県央 天草 県南