ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県警察 > 申請・手続き > 運転免許 > 運転免許試験コースの有料開放(運転練習目的の使用)

本文

運転免許試験コースの有料開放(運転練習目的の使用)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0008767 更新日:2020年3月13日更新

運転免許試験コースの使用

  • 運転免許センターでは、運転に自信のない方や技能試験受験者等のために試験コースを有料で開放しています。
  • 使用は予約制です。業務の都合等により、使用(予約)できない場合があります。
  • 運転免許の有無等により使用条件が異なります。予約方法の詳細については、必ず運転免許試験課(電話096-233-0116)にお尋ねください。

使用できる曜日・時間

  • 土曜日、日曜日(月曜日から金曜日までの平日、祝日、年末年始を除く)
  • 午前9時から午後4時までの間
    • 50分単位で使用できますが、連続で使用する場合は、10分以上の休憩をしていただきます。
    • 業務の都合又は管理上支障がある場合等は、予約できなかったり、使用許可(予約)を取消す場合があります。

使用できる車種・条件

  • 運転練習で試験コースを使用することができる車種・条件は、次のとおりです。
    • 大型自動車・中型自動車・準中型自動車・普通自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車・けん引自動車・大型自動二輪車・普通自動二輪車
      ※練習に使用する車両は、各自持ち込みです。免許センターでの貸出しは行っていません。また、対人・対物保険に加入していなければいけません。
      ※補助ブレーキを有する車両でなければ、コースを使用することはできません。(ただし、練習に使用する四輪車を運転することができる免許を持っている方の練習や、大型特殊自動車・小型特殊自動車(大型特殊自動車及び小型特殊自動車によってけん引車両をけん引する場合も含む)は、補助ブレーキは不要です。)
      ※運転練習を単独(指導者なし)で行うことはできません。助手席に指導者(練習車両を運転することができる免許を取得して3年以上経過した方)を同乗(大型特殊自動車・小型特殊自動車・二輪車は他車両による追走でも可)していただきますが、免許センターの職員は同乗指導しませんので、各自指導者を確保してください。

試験コース使用料

  • 50分1,350円
    • 熊本県収入証紙により納付していただきます。現金による納付はできません。
    • 熊本県収入証紙は、運転免許センター又は各警察署で販売していますが、使用日までに事前に購入して準備をお願いします。
      ※運転免許センターでは、土曜日・祝日は購入できません。
      ※各警察署では、土曜日・日曜日・祝日は購入できません。

予約申込み要領

  • 使用日の1週間以内の平日(月曜日から木曜日まで)の午前8時30分から午後4時まで(木曜日については午後2時まで)に、運転免許試験課技能試験係(運転免許センター2階左側)に、使用許可申請書及び必要な書類を添付して提出していただきます。金曜日及び使用当日の申し込みはできません。
  • 必要な書類については運転免許の有無・種類等で異なります。詳しくは運転免許試験課(電話096-233-0116)にお尋ねください。
  • 使用許可申請書については、50分ごとに1通必要です。使用許可申請書は、下記のファイルをダウンロードして使用できます。(運転免許試験課にも準備しています。)

その他注意事項等

  • 運転練習以外の目的には使用できません。試験コース内の事故等については、事故の当事者において処理していただきます。
  • 使用中にコースその他の施設を損壊した場合は、現状復旧又は損害額を賠償していただきます。
  • 予約した日時に練習ができなくなったときは、速やかに「キャンセル」の電話連絡をしてください。(運転免許センター代表電話096-233-0110)

 

熊本県警察本部 運転免許試験課  Tel:096-233-0116

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


あなたのまちの警察署 県北 県央 天草 県南