ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県警察 > 県北 > 阿蘇警察署 > 高校生による警察署職場体験(阿蘇警察署)

本文

高校生による警察署職場体験(阿蘇警察署)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0105557 更新日:2021年8月4日更新

未来の警察官が職場体験

阿蘇警察署長へのあいさつ

 7月20日、阿蘇中央高校では終業式が執り行われ、その後、警察官を将来の職業の一つとして考えている1~3年生までの男女合わせて14人の生徒さんたちが、阿蘇警察署に来てくれました。警察署に着くと、署長室に入って署長に挨拶。せっかくの機会なので、気になっていた質問を署長にぶつけました。気になる質問とは・・・。署長が丁寧に説明し、生徒も納得してくれた様子です。
署長室

警察本部の説明

 署長への挨拶を終えると、当署の大会議室で警察本部採用係が、職業としての警察官の魅力について資料をもとに説明をしました。そして、警察官の採用試験を受験するにあたっての注意事項等について説明を行いました。

山岳救助隊の訓練見学

 絶好の晴天のもと、当署敷地内にある訓練塔で行われた山岳救助隊の救助訓練を見学しました。資材を要救助者に見立てて、展張したロープを頼りに担架に乗せた要救助者を本番同様に、安全かつ迅速に搬送する訓練を行いました。近くで見学していた生徒は、「山岳救助隊に興味があります。」「訓練をしているのは女性ですか。すごいです。」など、隊員の姿にくぎ付けの様子でした。
降下3
降下1
降下2

犯罪捜査の体験

 「悪いやつは許さない!」という正義を遂行するための重要な活動の一つである、犯罪鑑識。テレビドラマ等では目にしますが、実際にはどうやっているのか・・・。ということで、当署の鑑識係が生徒さんに、犯罪現場に残された証拠品から犯人の指紋を検出してみようと企画し、体験してもらいました。
 空き缶やペットボトルを凝視して、専用の資材を使って、全集中。その結果、遺留指紋の検出に成功です。
 その次に、より実践的な車両に残された犯人の指紋検出にも挑戦してもらいました。コツをつかんだ生徒さんたちは、鑑識係も驚くほどに、指紋を検出していました。
鑑識
鑑識2

白バイ体験

 当署の交通係で勤務している元白バイ隊員が、生徒さんたちに当署管内で発生している交通事故発生状況をクイズ形式で出題。実際には毎日のように悲しい交通事故が発生し、いつ身近な人が当事者になるか分からないという実情とともに、交通事故が多発している現実に生徒さんも驚きの様子でした。
 白バイ等を含めた交通係は、そんな悲しい人を一人でも少なくするという強い気持ちで活動していることを説明すると、生徒たちは、「白バイに乗ってみたい。」「交通事故にあわないように、起こさないように家族に伝えます。」と早くも警察官と気持ちを同じにしていました。
交通

座談会

 コロナ対策の措置を図って、当署の若手警察官を中心に生徒さんと座談会を行いました。生徒さんからは、「警察官になるためには、何を勉強したらいいですか。」「警察官になってよかったことは何ですか。」「職場環境はどうですか。」などなど、ざっくばらんな質問が寄せられました。生徒さんの熱い質問と警察官の気持ちの入った回答が続き、あっという間に時間となりました。
座談会1
座談会2

おわりに

 警察官に興味を持って当署の職場体験に来てくれた14人の生徒のみなさん、短い時間でしたが、警察官の仕事の一端に触れてもらえたと思います。
 警察官は、「悪いやつを許さない」「弱い人を助けたい」という、人として当たり前にやることを職業としていています。
 これだけで警察官を一生の仕事にする職業だと思います。
 
 熊本県警の採用試験を突破して、一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

あなたのまちの警察署 県北 県央 天草 県南

jiyuu1

juyuu2

落とし物さがしリンクの画像<外部リンク>