ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 高校教育・中高一貫教育 > 経済的困難者の支援制度 > 平成28年熊本地震に係る熊本県育英資金の返還猶予について

本文

平成28年熊本地震に係る熊本県育英資金の返還猶予について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009172 更新日:2020年8月1日更新

 熊本県教育委員会では、災害による返還猶予申請の取扱いを下記のとおり変更しました。

 これにより、平成28年熊本地震発生時に育英資金の返還中の方で、地震の被害を受けた方は平成30年度以降も猶予ができます。

 返還猶予を希望される方は下記をよく読み、熊本県高校教育課修学支援班まで提出書類を提出してください。

1 猶予期間

 平成30年度の希望する月から1年間

 ※毎年申請することで令和3年3月まで延長申請が可能です。

2 対象者

 次の要件をすべて満たす方

  • 熊本地震で育英奨学生の居宅が被害を受け、罹災証明書により被害が確認できること。
  • 育英奨学生の所得要件
    (給与所得のみの方) 年間収入金額(税込) 300万円以下
    (それ以外の方) 必要経費等控除後の年間所得金額 200万円以下

3 提出書類

4 提出先

 〒862-8609 熊本県熊本市中央区水前寺6-18-1

 熊本県高校教育課修学支援班

5 注意事項

 ※各提出資料は原本を提出してください。

 ※提出書類として非課税証明書や源泉徴収票、確定申告の写しなどでは受付ができません。

 ※平成29年度以前にさかのぼって猶予することはできません。

 ※平成29年度以前に未納がある場合でも猶予を受け付けますが、その未納分は返還をしていただく必要があります。

 ※提出書類を提出しても、要件に合致しない等の理由により追加の証明書類を求める場合や、猶予を認めることができない場合があります。

6 参考

 災害猶予の取り扱いの変更について(お知らせ)(PDFファイル:7.7KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)