ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県教育委員会 > 転入学 > 転入学 > 熊本県高等学校等就学支援金制度

本文

熊本県高等学校等就学支援金制度

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0009031 更新日:2020年8月1日更新

熊本県内の公立高等学校に在学する生徒(H26.4月以降の入学者)が対象になります。

 ※H30年度 就学支援金リーフレット(PDFファイル:410KB)

 ※私立高等学校の場合は熊本県高等学校等就学支援金について

1 高等学校等就学支援金制度とは

 全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、授業料に充てる高等学校等就学支援金を支給し、家庭の教育費負担を国が支援する制度です(返済不要)。

 社会全体の負担により、学びが支えられていることを自覚し、将来、社会の担い手として広く活躍されることが期待されています。

2 対象者

  • 月の始めに公立高等学校に在籍している者
    ※次のいずれかに該当する者は、支給が受けられません。
  • 保護者等の(市町村民税の)課税標準額×6%-(市町村民税の)調整控除額の合算額が30万4,200円以上の者
  • 高等学校等(修業年限が3年未満のものを除く)を卒業又は修了した者
  • 高等学校等に在学した期間が通算して36月(定時制・通信制等は48月)を超えた者

3 支給方法

 就学支援金は、学校設置者が生徒本人に代わって受け取り、授業料と相殺されます。生徒や保護者が直接受け取るものではありませんが、申請し支給の対象生徒は実質的に授業料が無償となります。

支給方法の画像

4 受給するために必要な手続・提出書類

(1)申請手続(入学時)

  1. 申請書(入学先の高等学校で配布されます)
  2. マイナンバーカードの写し又は保護者等の課税証明書(市区町村役場で取得可能)などの保護者の所得を証明する書類等

(2)届出手続(毎年6月~7月頃)

  1. 届出書(在籍している高等学校で配布されます)
  2. 上記(1)と同じ(マイナンバーカードの写し又は課税証明書など)

5 支給額

 月額9,900円を上限に月単位で支給されます。

 定時制及び通信制については、支給額が異なるため学校にお問い合わせください。

 ※生徒・保護者が直接就学支援金を受け取るものではありません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)