ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 県央広域本部サイト > 宇城地域振興局 > 農林部 > 【宇城:農業普及・振興課】宇城地域のカスミソウ、県花き品評会農林水産大臣賞を受賞

本文

【宇城:農業普及・振興課】宇城地域のカスミソウ、県花き品評会農林水産大臣賞を受賞

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0128675 更新日:2022年3月10日更新

【宇城:農業普及・振興課】宇城地域のカスミソウ、県花き品評会農林水産大臣賞を受賞

 2月21日~22日に開催された熊本県花き品評会(152点出品)で、宇城市三角町戸馳の浦川洋光さん(34歳)の黄色に染めた「宿根カスミソウ」(品種名:アルタイル)が、グランプリである「農林水産大臣賞」を受賞されました。これは、切り花としての品質の高さや、高度な染色技術が評価されたためです。
 宇城地域では、海岸島しょの冬季温暖な地域を中心に洋ランや切り花、鉢物が栽培されており、その中でも宿根カスミソウは27戸の農家が栽培しています。宇城地域の特色は、市場単価の高いブランド品である2L規格品(草丈80cm以上)、量販店向けのレギュラー品であるM・S規格品や染品(染色した宿根カスミソウ)など、幅広い市場ニーズに対応した生産を行っているところです。
 また、今年は燃油高騰で十分な加温がしづらい状況でしたが、電照・蒸し込み処理等、農研センターの新技術を現地に導入し、需要期に出荷できるように、省エネ・高品質栽培に取り組んでいます。
 農業普及・振興課としては、このように、農家のニーズに合わせた技術支援を継続し、農家の所得向上につなげています。
グランプリである「農林水産大臣賞」を受賞した、宇城市三角町戸馳の浦川洋光さんの黄色に染めた宿根カスミソウの写真
受賞したカスミソウ
カスミソウを栽培しているハウス内部の写真
カスミソウの栽培ほ場

イベント・募集
観光・歴史・文化
熊本県チャットボット