ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 県央広域本部サイト > 宇城地域振興局 > 農林部 > 【宇城:農業普及・振興課】第2回新規就農者確保・育成対策会議を開催

本文

【宇城:農業普及・振興課】第2回新規就農者確保・育成対策会議を開催

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0117938 更新日:2021年11月10日更新

【宇城:農業普及・振興課】第2回新規就農者確保・育成対策会議を開催

 令和3年3月に設置した「新規就農者確保・育成対策会議」について、10月27日(水曜日)に第2回目の会議を開催しました。
 会議には、管内市町主管課、各農業委員会、JA熊本うき、日本政策金融公庫、地域就農支援アドバイザー、農業技術課、農業普及・振興課、農業公社等から25名が参加しました。
 はじめに、今年度の新規就農者支援の進捗状況について事務局の農業普及・振興課より報告を行いました。活動の柱である新規就農者の巡回指導については、7月~10月にかけて管内の54名を対象に関係機関で実施し、今回から⓵農地の状況、⓶栽培技術、⓷機械、施設、資金の状況、⓸販路の4つの項目で評価を行っています。その結果、「栽培技術」に課題のある新規就農者が全体の7割以上(宇土市を除く)を占めており、新規就農指導における技術指導の役割の大きさが改めて浮き彫りとなりました。一方で、農地や機械・施設・資金の取得、販路確保については、概ね希望通りに進んでいることが判明しました。
 会議後半では、天草市の「新規就農者サポートセンター」の取組みについて、天草市の担当者から事例報告を頂きました。
 参加者は、天草市の手厚い新規就農者確保のための施策や関係機関一体となったサポート体制に驚くとともに、改めて支援の必要性を感じたところです。  
 本会議を通じて、新規就農者の持つ課題が徐々に明らかになっており、今後は解決のための具体的な施策について協議を進めていく予定です。
この写真は、会議の様子です。
会議の様子
この写真は、天草市からの事例報告の様子です。
天草市からの事例報告

イベント・募集
観光・歴史・文化