ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 県南広域本部サイト > 芦北地域振興局 > 農林部 > 芦北町で令和2年7豪雨災害復興祈念の植樹及び木製ベンチ・プランター贈呈式を開催しました

本文

芦北町で令和2年7豪雨災害復興祈念の植樹及び木製ベンチ・プランター贈呈式を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0089517 更新日:2021年3月29日更新

園児のみなさんとサクラを植樹しました

くまモンも復興の応援に来てくれました

 令和3年3月16日(火曜日)に、芦北町総合コミュニティセンターで昨年の豪雨災害からの復興を祈念した式典が開催されました。
 式には主催者の水俣・芦北地域みどり推進協議会江藤会長(芦北地域振興局長)や水俣・芦北木材需要拡大推進協議会佐藤会長(佐藤製材所 代表取締役)と、地元芦北町の竹崎(ざきはたつさき)町長はじめ、昨年7月の豪雨で被災した「あしきた・まちのこども園」の園児のみなさんも参加しました。
 同センターに復興祈念のサクラが植樹され、芦北高校と水俣高校のみなさんが作った木製ベンチとプランターが芦北町へ寄贈されました。
 復興応援のためにくまモンも登場し、”カモンくまモン”を力いっぱい踊り会場を盛り上げてくれました。

  目録の贈呈  くまモンと踊る園児たち 

      芦北町へ目録が贈呈されました          くまモンと元気に踊る園児たち

 

    植樹の様子  記念撮影

      復興を祈念してサクラを植樹             最後はみなさんで記念撮影

 

     寄贈したベンチ・プランター  寄贈したベンチ・プランター

        寄贈された木製ベンチ                寄贈されたプランター


イベント・募集
観光・歴史・文化