ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

八代地域の木工品

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0008369 更新日:2020年8月1日更新

バラエティー豊かな温もりある作品たち

歴史探訪長年使える品質の高さと工夫が自慢。

家具類

長年使える品質の高さと工夫が自慢。− 家具類

 球磨川や氷川水系から搬出される良質な木材によって、木工品が盛んな地域であった八代。品質の高さは言うまでもなく、使い心地、丈夫さにもその歴史は息づいている。
 財産ともなる木製家具や調度品。それらを長年の使用に耐えることが出来るよう、職人たちは木の種類や特性などを知り尽くし、多種多様な仕口(接合の方法)や知恵と技術の蓄積を受け継いだり、切り拓いたりしている。総手づくりを基本とし、金針を使わない昔ながらの工法には、職人の思いが込められている。
 丈夫なだけではない。見た目や手触りなどを通して、木の温もりや職人の心が人々に「物を大切に使う」ことを伝える財産であるかもしれない。数十年、数百年を生きてきた木の命に、人の技術と感性が加わった木工品の魅力を触れて感じてほしい。

からくり箱

製造工程(家具類)

原材料:ケヤキ、クス、桜、シオジ

製材
乾燥

樹種により3年から10年位、
自然乾燥させる。

木取り

肌目、色調、紋様等別に木取りする。

細工

木材の習性を十分熟知し、永年使用
しても狂いがこないように昔ながら
の手作りでアリ組剣止めなどの細工
をする。

組立

製品により板作り、カマチ作りなど
で組み立てる。

塗装

樹種によりウルシ、ラッカー、ウレタンなどを塗る。

びっくりのからくりこま

彦一こま【彦一こま】

 八代に伝わる彦一とんち話を題材にしたユニークな形のこま。見た目はタヌキなどの愛らしい人形ですが、頭、胴、カサ、台、尾の4つのこまに変身します。

びっくりのからくりこまの画像

かわいらしい人形玩具

おきんじょ人形【桑原竹細工店】

 江戸後期、日奈久温泉に「おきん」という瓜実顔の美女がいた。遠来の湯治客もおきんを一目みたいと訪れた。おきんは若くして世を去ったため、里人がその姿を偲び、人形を作って売り出したのが始まり。

かわいらしい人形玩具の画像

感度のよさに愛用者も多い

木製うき【(有)財津釣具】

 県下唯一の桐製のうき。永年の勘を頼りに木片を削り、使いやすさと鮮やかな色づけを重視した傑作。

感度のよさに愛用者も多いの画像

工芸品 工房 住所 連絡先・ホームページ 見学 体験 取扱店
家具類 木工房ひのかわ 八代郡氷川町宮原671-1(第1・3水曜、盆、正月定休) Tel.0965-62-2133
創作家具・注文家具・熊本の家具工房<木工房ひのかわ><外部リンク>

木工房ひのかわ
五家荘工芸 八代市泉町葉木86(不定休/盆、正月定休) Tel.0965-67-5377

五家荘工芸、熊本県伝統工芸館
彦一こま 彦一こま 八代郡氷川町宮原955-1(不定休) Tel.0965-62-2506

彦一こま、熊本県伝統工芸館、まちつくり酒屋、立神峡里地公園
おきんじょ人形 桑原竹細工店 八代市日奈久中町315(不定休) Tel.0965-38-0336

桑原竹細工店、熊本県伝統工芸館、熊本県物産館、熊本文化の森
木製うき (有)財津釣具 八代郡氷川町宮原381-5(土・日、祝、盆、正月定休) Tel.0965-62-2131

(有)財津釣具、まちつくり酒屋、立神峡里地公園

イベント・募集
観光・歴史・文化