ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 県南広域本部サイト > 芦北地域振興局 > 保健福祉環境部 > HIV及び性感染症検査について

本文

HIV及び性感染症検査について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0075612 更新日:2021年5月10日更新

HIV及び性感染症とは

 水俣保健所では、HIV検査及び性感染症検査を行っています。
 エイズは、HIVというウイルスに感染して起こる病気です。感染していても自覚症状がないため、感染に気づかない時期があります。現在は、HIVの治療も進歩しており、HIVに感染していても早期に感染を発見し治療を始めることで、発病を予防したり、遅らせることができます。
 また、HIVの検査と同時に性感染症(性器クラミジア感染症・梅毒)やB型・C型肝炎ウイルスの検査を受けることができます。
 自分自身を守り、大切な人へ感染を広げないため、一度検査を受けてみませんか?
 HIV、エイズに関する詳しい情報は「エイズってなあに」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響について

 新型コロナウイルス感染症の影響によりHIV検査及び性感染症検査を休止しておりましたが、検査の受付を再開いたします。
 なお、事前予約をされた場合も、当日の状況によっては、検査ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 また、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、再度、検査受付を休止する場合があります。
 詳しくは、水俣保健所へご連絡ください。

相談・検査日時について

<相談日時>
 平日 午前8時30分~午後5時15分
<検査日時>
 毎週木曜日 午前9時~午前11時
 ※検査は無料・匿名で受けることができます。
 ※事前に予約が必要です。
   医師が不在の場合は検査ができないことがありますので、ご了承ください。
<検査方法>
 血液検査(採血をします。)
<新型コロナウイルス感染症対策>
 検査当日に連絡をとらせていただき、発熱・症状・接触歴を確認します。 
 状況に応じて検査をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 来所時のマスク着用、手指消毒、検温にご協力お願いします。
<結果>
 HIV検査:採血から1時間程度で結果が判明します。
 性感染症(性器クラミジア感染症・梅毒)検査、B型・C型肝炎ウイルス検査:採血から1週間程度で結果が判明します。
<お問合せ・予約先>
 水俣保健所保健予防課 電話:0966-63-4104

HIV検査を受けるタイミング

<感染の有無をはっきり確認したいとき>
 感染の可能性があった日から3ヶ月以上経過後、検査を受けて「陰性」の場合は、感染していないと考えられます。
<感染がどうしても心配になったとき>
 3ヶ月以内であっても検査・相談を受けることで、ひとつの目安を得ることができます。
 ただし、もし「陰性」であっても、その結果を最終的に確認するためには、感染の危険性があった日から3ヶ月以上たってからの再受検が必要となります。

イベント・募集
観光・歴史・文化