ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県議会 > 議会広報 > 熊本県議会報 > くまもと県議会報 第195号

本文

くまもと県議会報 第195号

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007924 更新日:2020年8月1日更新

熊本県議会報 第195号 平成29年2月定例会

表紙

 (表紙写真)

 山鹿市鹿央町の古代ハス園
 山鹿市の鹿央物産館に隣接した古代ハス園では、約2000年前のハスといわれる淡いピンク色の美しい大賀(おおが)ハスをはじめ、約15種類の様々なハスの花が6月中旬から8月にかけて咲き誇ります。浄台蓮(じょうだいれん)、廬山白蓮(ろざんびゃくれん)、大賀ハスを皮切りに、大小様々なハスの花が咲き乱れます。
 種類の多さと九州では珍しいハスの見どころとして、多くのカメラマンが集まる人気スポットとなっています。ハスの花は早朝に開き、午後になると少しずつ閉じていきます。きれいに咲いた花を見るには早朝がおすすめです。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)