ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 熊本県議会 > 県議会の概要 > 熊本県政務活動費 > 熊本県政務活動費について

本文

熊本県政務活動費について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051842 更新日:2021年6月30日更新

政務活動費について

 政務活動費は、地方自治法の規定に基づき定められた「熊本県政務活動費の交付に関する条例」及び「同条例施行規程」の規定により、議員の調査研究その他の活動に資するため必要な経費の一部として、会派又は議員に対し交付されるものです。

政務活動費の額及び交付の方法

◆交付額は議員1人当たり月額30万円です。
◆交付の方法は、会派又は議員ごとに、1~3のいずれかの方法によります。
 1 会派に交付する方法
 2 議員に交付する方法
 3 会派及び議員に交付する方法

経費の範囲

 
経  費 内  容
調査研究費 会派及び議員が行う県の事務、地方行財政等に関する調査研究及び調査委託に要する経費
研修費

1 会派及び議員が行う研修会、講演会等の実施に必要な経費

2 団体等が開催する研修会、講演会等への会派の所属議員及び会派が雇用する職員並びに議員及び議員が雇用する職員の参加に要する経費

広報広聴費 会派及び議員が行う議会活動及び県政に関する政策等の広報広聴活動に要する経費
要請陳情等活動費 会派及び議員が行う要請陳情活動、住民相談等の活動に要する経費
会議費

1 会派及び議員が行う各種会議、住民相談等に要する経費

2 団体等が開催する意見交換会等各種会議への会派としての参加及び議員の参加に要する経費

資料作成費 会派及び議員が行う活動に必要な資料を作成するために要する経費
資料購入費 会派及び議員が行う活動のために必要な図書、資料等の購入、利用等に要する経費
事務所費 会派及び議員が行う活動のために必要な事務所の設置及び管理に要する経費
事務費 会派及び議員が行う活動に係る事務遂行に必要な経費
人件費 会派及び議員が行う活動を補助する職員を雇用する経費

 

収支報告書等の提出

◆会派の代表者及び議員は、当該年度に係る政務活動費の収入額、支出額、残額等を記載した収支報告書を翌年度の初日から起算して30日以内に議長に提出しなければなりません。また、会派の解散や議員辞職があった場合は、解散等の日の翌日から起算して30日以内に、議長に提出しなければなりません。
◆収支報告書には、領収書等証拠書類の写しを添付しなければなりません。

収支報告書等の閲覧

 議長に提出された収支報告書等は、当該収支報告書等を提出すべき期間の末日の翌日から起算して60日を経過する日の翌日から、誰でも閲覧することができます。

閲覧場所:熊本県議会図書室
閲覧時間:午前8時30分から午後5時15分まで(県の休日を除く)

政務活動費収支報告書の公開について

 平成30年分から会派及び議員から提出された政務活動費収支報告書の写しを公開します。(証拠書類の写しを除く別記第8号様式のみ)

関係例規

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)