ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事往来 > 令和元年度(2019年度) > 国立ハンセン病療養所菊池恵楓園訪問(合志市)

本文

国立ハンセン病療養所菊池恵楓園訪問(合志市)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0007345 更新日:2020年8月1日更新

納骨堂で献花する知事

納骨堂で献花する蒲島知事の写真

 8月20日(火曜日)、蒲島知事は、国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の納骨堂にて献花を行いました。

 菊池恵楓園では、これまでに3,812名の入所者がお亡くなりになり、うち1,333名の方が、ハンセン病に対して根強く残る偏見や差別意識などから、今なお故郷に帰れず、納骨堂に眠っておられる状態が続いています。

 知事は、入所者自治会長と副会長との懇談の中で、「故郷に帰れない御霊に対し、二度とこういう過ちを起こさないようにしなければいけないとお誓いを申し上げた。知事として、差別と偏見がなくなるよう啓発活動にしっかりと尽力していきたい」と述べました。